足立敏之参議員議員の経歴とは?妻や子供といった家族情報は?

足立敏行という参議院議員についてお伝えしていきたいと思います。平成28年の政治資金収支報告書では、公私混同と指摘されかねない不明朗な支出があるとして、専門家は「公私を峻別(しゅんべつ)し、支出目的を明確にすべきだ」と指摘している。

足立敏行議員の資金管理団体「足立敏行後援会」が「「データ入力代」として560万円超の形状した際に1人当たり5円でイドで格安に入力してもらったと説明しています。

資金管理団体「足立敏之後援会」は3~7月、「データ入力代」として560万円超を計上した。足立氏の事務所は「後援会に入会した100万人以上の紙ベースの名前や住所などを電子化した際にかかった費用で、1人当たり5円程度。格安で入力してもらった」と説明してい

そこで今回は足立敏行参議院議員とはどのような人物なのか、経歴(プロフィール)を調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

足立敏行の経歴とは!?

引用:http://www.adachi-toshiyuki.jp/profile/

名  前:足立敏行

出  身:兵庫県西宮市

生年月日:1954年5月20日

出身高校:和歌山県立桐蔭高校

出身大学:京都大学工学部交通土木工学科卒

大学院 :京都大学大学院修士課程修了

趣  味:旅、山歩き、写真、テニス

足立敏行参議院銀の経歴を見ると、まさにエリートという表現がぴったりですね?和歌山県立桐蔭高校は伝統ある県内屈指の進学校ですし、京都大学は言わなくてもわかりますよね!?

大学院修了後は建設省に入省。その後内閣官房参事、近畿地方整備局企画部長、四国地方整備局長、国土交通技監などを歴任し、2016年に第24回参議院選挙に過去最多の得票数となる29万3,735票を獲得して初当選しています。

妻や子供家族情報は?

足立敏行議員の妻や子供といった家族に関する情報はホームページ等を見てみたのですが、公表されておりませんでした。

Facebookも政治活動のものばかりでしたので、家族といったプライベートは公開されていないようです。

本人が公表されていないものをこれ以上追跡すると、プライバシーにかかわることになりますので、今回はこれ以上詮索しないことにします。

まとめ

足立敏行参議院議員は和歌山県立桐蔭高校、京都大学、京都大学大学院修了と素晴らし学歴の持ち主でした。

建設省入省後は様々な要職を歴任し、2016年の参議院議員選挙ではと当選していました。家族情報は公表されていないようです。以上足立敏行参議院議員についての記事でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする