引地秀一郎(倉敷商)の出身中学や経歴!プロの評価や進路は?【2018ドラフト候補】

2018年のドラフト候補の高校生として今回は倉敷商業高校野球部引地秀一郎(ひきじ・しゅういちろう)投手の出身中学やシニアといった経歴(プロフィールをまとめていきたいと思います。

引地秀一郎投手は、星野2世と呼ばれ最速151kmの右の本格派として、プロのスカウトらが注目している選手です。

引地秀一郎投手はこれまで甲子園に出場した経験がないのですが、この夏甲子園に出場すれば話題になる投手だと思います。

それでは引地秀一郎投手の経歴(プロフィール)から見ていきましょう!

スポンサーリンク

引地秀一郎の出身中学やシニア・経歴(プロフィール)

最速151kmのストレートにスライダー、フォークがある。

名前:引地秀一郎(ひきじ・しゅういちろう)

出身:岡山県岡山市

身長:186㎝

体重:82㎏

右投げ右打ちの投手

出身中学校:岡山市立高松中学校(軟式野球部所属)

高校:倉敷商業高校

中学校時代は軟式野球部に所属し、3年の夏に県大会準優勝。

高校は倉敷商業高校に進学し、1年夏に背番号11でベンチ入り。県予選で2試合に先発。準決勝の玉の光南戦で147kmを記録した。

2年春から倉敷商業のエースとなる。チームは3回戦敗退も引地秀一郎投手は合計7イニングを投げて無失点に抑えている。

2年秋の練習試合で自己最速となる151kmを記録。秋季県大会で準優勝し、中国大会に出場するも初戦で敗れ、選抜出場はならなかった。

倉敷商業のOBには星野仙一氏がおり、星野2世とも引地秀一郎投手はいわれている。現在は阪神のスカウト等が引地秀一郎投手を注目している。

引地秀一郎投手のスカウトの評価や進路は?

プロのスカウトでは阪神が引地秀一郎投手を注目しています。阪神山本スカウトは「状態だけで投げている今のフォームであれだけの球が投げられる。これからが楽しみ。体が強そうなので、一冬超えて下半身を使えればもっと球速が出る。」評価。

阪神の他オリックスなども引地秀一郎投手を見に来ているとの情報があります。個人的には星野仙一氏が監督などをしていた中日や楽天も注目しているのではないかと思います。

何といっても星野2世といわれる投手ですから・・・

引地秀一郎投手の進路についてですが、現時点では何も情報がありません。今は甲子園出場に手中しているという所ではないでしょうか?

もしプロ志望届を提出すれば、ドラフト2018で指名される可能性が高いと思います。

まとめ

引地秀一郎投手は最速151kmを投げる本格派右腕。倉敷商業が星野仙一氏の出身校であることから、星野2世と呼ばれている。

星野仙一氏の母校である倉敷商業にあって、星野2世と呼ばれる引地秀一郎投手はそれだけ素質とピッチングスタイルが評価されているということだと思います。

第100回となる夏の甲子園大会に出場し、全国でそのピッチングを披露して欲しいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする