石橋咲織(空手)の経歴をwikiプロフ風に!高校は?進路は大学!?

今回は空手高校3冠石橋咲織さんについてお伝えします。石橋咲織のwikiがなかったので経歴wikiプロフィール風にまとめてみました。

空手が2020年の東京オリンピックの正式種目に決まったことは皆さんご存知かと思います。石橋咲織さんはその東京オリンピックに出場が期待される空手の選手です。

その石橋咲織さんが2月25日(日)の『ビートたけしのスポーツ大将2時間スペシャル』に出演しますので、皆さん石橋咲織は凄い女子高生なので注目ですよ!

スポンサーリンク

石橋咲織(空手)の経歴をwikiプロフ風に!

画像引用:http://www.kanagawakarate.com/

名  前:石橋咲織

生年月日:1999年8月25日

出  身:神奈川県平塚市

石橋咲織さんはお兄さんの敦史さん影響で5歳の時に空手を始めます。お兄さんの敦史さんが空手をしているのが楽しそうに見えたからだといいます。

お兄さんの敦史さんが中学2年、石橋咲織さんが小学5年生の時にそろって全国大会で優勝し平塚市長を表敬訪問しています。

小学校6年の時にはナショナルチームに所属し、2016年11月のアジア大会で女子個形で優勝されております。

中学校1年生で全国優勝、中学2年生の時には世界大会で優勝をしています。石橋咲織さんってすごいと思ったと思いますが、まだ驚くのは早いです!

しかし高校入学後は2年のインターハイでは3位、国体には出場できずと無冠でした。そして3年生になった2017年3月の高校選抜で優勝、夏のインターハイで優勝。愛媛国体少年空手女子形で優勝して高校3冠達成しています。

ちなみに2017年の高校選抜のときは左足を骨折、インターハイの時は左太もも裏の肉離れをしてドクターストップがかかっていたにもかかわらず出場しての優勝といいます。

皆さん信じられますか?そんな状況にもかかわらず優勝してしまうってどういことなのでしょう・・・

石橋咲織さんは空手の技術もさることながら精神力もすごい選手なのだと思います。

石橋咲織の高校や進路は!?

石橋咲織さんが凄い空手の選手だということはご理解いただけたと思いますが、高校はどこなのでしょうか?また卒業後の進路については決まっているのでしょうか?

【石橋咲織の学歴】

出身小学校:平塚市立真土小学校

出身中学校:平塚市立大野中学校

出身高校 :横浜創学館高校

横浜創学館高校は私立の高校で旧校名は横浜商工高校です。校歌は小田和正さんが作詞作曲した愛唱歌「遥かな思い」となっています。

空手道部は1997年の創部され、全国大会、関東大会の常連校となっています。

【石橋咲織の進路】

石橋咲織さんは今年高校を卒業するわけですが、今後の進路はどうなっているのでしょうか?これだけすごい選手ですので、空手に集中できる環境に進んでもらいたいものですよね!

調べてみたところ石橋咲織さんの進路は大学進学とのことでした。どこの大学かまではわかりませんでしたが、大学で空手を続けて3年後の東京オリンピックを目指すとのことでした。

東京オリンピックの空手女子形の代表は1人です。頑張ってほしいと思います。

まとめ

石橋咲織さんはお兄さんの影響で5歳から空手を始め、小学校、中学校で全国優勝を経験し、高校3年時には3冠を達成していました。また高校は横浜創学館高校で進路は大学進学でした。

皆さん石橋咲織さんは素晴らしい空手選手でしたね!私は空手の試合を実際に見たことがあるのですが、組手は一瞬で決まります。

一瞬のスキを突くわけで、瞬きしてたらわからないくらい早いんです。また形も本当にカッコいいですよ!皆さんも一度空手を見てみることをお勧めします。

あとこんな事をいうとあれなんですが、石橋咲織さんのような空手選手がいるので、2020年東京オリンピックの空手女子は金メダルを期待しちゃいますね?

石橋咲織さんにはケガに気を付けて東京五輪目指して頑張ってほしいと思います。皆さん応援しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする