尽誠学園野球部20代コーチの名前や顔画像は!?部員や匿名の人物は誰?

香川県善通寺市にある尽誠学園野球部の20代のコーチの顔画像や名前、匿名の指摘をした人物や部員は誰なのでしょうか?

ニュースによりますと、今月2日ごろ学校に匿名の指摘があり、確認したところ20代のコーチが認めたといいます。

また監督は事実を把握していたにもかかわらず高野連に報告を怠ったとして。学校側が高野連に報告し、20代のコーチと共に監督を謹慎処分としました。

なお7月9日から開催される夏の甲子園予選香川県大会には監督を後退して出場するとしています。

では本題に入っていきたいと思います。

スポンサーリンク

尽誠学園野球部20代コーチのか画像や名前は?

尽誠学園といえば甲子園に何度も出場している私立の強豪校です。今回部員に平手打ちをしたコーチが誰なのか名前や顔画像を探しましたが、今のところ情報がありませんでした。

尽誠学園のホームページを見てみたのですが、部活動のところが「工事中」となっており、閲覧できませんでした。

分かり次第お伝えしたいと思います。

匿名の指摘した人物や部員は誰?

まず平手打ちをされた部員2人は寮の規則違反や練習態度を理由に平手打ちをされたといいます。

これも情報がなくわかりませんでした。

ここからは他の高校であった事に私の考えを付け加えたことを書いてみたいと思います。

被害を受けた部員ですがおそらく、メンバー外の部員と考えられます。

この時期といえばメンバー登録から外れ、サポートに回る選手が出てきます。特に3年生であれば、甲子園を目指してきたにもかかわらず、選手として出場できないのは非常につらいことです。

メンバー選出に納得のいかなかった部員は目標を見失ってしまいます。テレビではサポートの選手として取り上げられたりしますが、あれはただの大人のエゴだと思います。

もう甲子園を目指せなくなった部員は投げやりになったりして、練習や寮生活にも意味を見出せなくなってもおかしくありません。

そしてそうなった部員の親もしかりです。まして私立の野球部に入れ、お金と時間をかけたのに一切報われないのであれば怒りもわいてくるでしょう。

野球部側が当然ルール違反をしたのだから電話をするのは当然です。ただこの時期にというのは一矢報いたいという気持ちがない訳ではないと思います。

少なくともメンバーとメンバー外の部員そして保護者が一丸に放っていないということがわかります。

しかもこの予選が始まる直前に垂れ込むということは、かなり尽誠学園野球部に対してかなり良く思っていないのではないでしょうか?

レギュラーの親は甲子園予選がありますので、決してこの時期にこういったタレコミはしないはずです。

有名校はここら辺を引退試合などをして、うまくやっていますよね?個人的には正直どうかと思います。

ただ私立の学校だと以下特退以外の部員が入学して、お金を出してくれるかという経営的な事もありますので、難しいところではあります。

あくまで個人的な考えですのであれなんですが、私の知っている高校はこういうケースがありました!

おわりに!

メンバーの決め方に問題があったり、ひいきした指導があったりするとこの様な事が起こりやすいと思います。

特定の選手にだけチャンスを与え、それ以外の選手を反故にしたりというケースはよくあることです。

またメンバーとメンバー外が格差社会のようになっていて、メンバーが補欠を雑に扱ったり馬鹿にしたりしている場合もこういうケースになる確率が高いと思います。

私の知っているある指導者は、選手を集めるだけ集め、ふるいにかけるやり方で甲子園にいっとき行った時期がありました。かなりの選手が野球部と学校を去りました・・・

また他の学校では選手がだめだといってさじを投げていたのですが、別の人が監督をやってその高校の甲子園初出場を果たしました。

現在その選手をふるいにかけた監督は、選手をスカウトしても県内の選手は誰も行かなくなり、県外から集めていますが、近隣の公立校にすら勝てません。罰があったのかと思ってみています。おそらく甲子園にはもういけないでしょう・・・

メディアでは高校野球を美化しすぎです!現実はこんなことが日常茶飯事であり、歴史でもあります。

昔の高校野球は鉄拳制裁当たり前だったのに、どうした!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする