桂あやめ シングルマザーの子供の父親は誰!?

今回も「爆報THEフライデー」からです。今回は落語家の3代目・桂あやめさんについて気になった事を調査していきたいと思います。

桂あやめさんといえば、危険な目に合ったことで有名です。そのことについては多くのブログ等で書かれていますので、当ブログではあえて書きません。

今回は桂あやめさんと検索するとでてくる「シングルマザー」、「父親」、「子供」というキーワードについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

桂あやめ(シングルマザー)子供の父親は?

まずは例によって桂あやめさんの経歴を簡単に説明していきます!

本  名:入谷ゆか(いりたに・ゆか)

生年月日:1964年1月31日

年  齢:53歳

出  身:神戸市

所  属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

5代目桂文枝に1985年に入門し、桂 花枝(かつら・はなし)を名乗る。

1994年6月6日、3代目桂あやめを襲名。

1999年に林家染雀との音曲漫才コンビ「姉様キングス」を結成して人気を得た。

以上が桂あやめさんの略歴です。それでは本題に入っていきたいと思います。

桂あやめさんは24歳で4歳年上の照明技師の方と結婚をされています。しかし3年で離婚をしています。この方との間には子供はいませんでした。

その後、桂あやめさんは結婚はしていませんが、2002年に38歳で娘さんを出産しています。気になる娘さんの父親について桂あやめさんは公表しておりません。

桂あやめさんと検索して「父親」というキーワードが出てくるのは、結婚していないのに子供がいるというこのことを知りたいと検索をかける人が多いからだと思います。

ですが、桂あやめさん自身が公表をしていないので、ここは桂さんの気持ちを考えるべきではないでしょうか?

娘さんも現在は15歳となっていることになります。きっと自分のやりたいことに向かって頑張っているのではないでしょうか?

まとめ

桂あやめさんは以前巻き込まれた大変なことが理由なのかPTSDを抱えて生活してきたといいます。

しかも娘を育てながら、体調を崩した自身の父親の面倒も見ていたといいます。こうしてみると桂あやめさんとはとても強い方だと思います。

爆報THEフライデー」に出演するのは実は今回で2回目の桂あやめさん。今回はどんなことをお話してくれるのか楽しみですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする