マスキング剤(アセタゾラミド)とは?入手方法は?

ピョンチャンオリンピックスピードスケートショートトラックの斎藤慧選手が ドーピング検査で陽性反応が出たというニュースは驚きましたね?

その陽性反応が出たというマスキング剤利尿薬のアセタゾラミドとは 一体どんなものなのでしょうか?

またどのように摂取したり 入手したりするのかを調べてみました。

スポンサーリンク

マスキング剤とは?入手方法は?

気になってマスキング剤というものを調べてみたのですがドーピングに関してあまり詳しい情報はありませんでした。

ネット等の情報を集めてみると、 マスキング剤とはドーピングを隠すための薬剤ということです。

今回ニュースで報じられてる マスキング剤のアセタゾラミドは、緑内障、てんかん、山病予防などに使われているようでした。

アセタゾラミド については専門のサイトをご覧ください私は医者ではありませんので詳しいことはわかりません。

効能としては利尿作用で、その為ドーピング薬物を早く体外に排出するためマスキング剤として利用されたりするもするとのこと。

筋肉増強剤を使った場合それを隠すマスキング剤として使用されたりしているとのことでした。

このアセタゾラミドは市販の風邪薬などには入っておらず誤って口にするということはあまり考えられないとのことです。

入手ルートはまだわかっておりません。

ただ斎藤慧 選手は全く身に覚えのないこととしております。

このマスキング剤を使うメリットが何もないからです。

まして斎藤慧選手は補欠の立場ですので、 レースに通常であれば出場しません。

あえてこのようなドーピングをする必要があるのかという疑問が浮かびます。

なのでネットでは罠かもしれないなんて言うことも言われております。

斎藤慧選手は 全く身に覚えのないことと言っております。

今回のドーピング問題は日本にとって非常に不名誉なものになってしまいます。

早く真相が明らかになってほしいものだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする