宮田宣也の経歴をwikiプロフ風に!彼女や出身大学は!?

突然ですが皆さんお祭りは好きですか?10月29日の「マツコの知らない世界」宮田宣也(みやたのぶや)さんという日本のお祭りを救うためみこしを担ぎ続ける男が出演します。

宮田宣也さんは祭りやイベントで使うみこしの政策や修理をしながら年間50以上の祭りに参加しみこしを担ぎでいるといいます。

まさにお祭り男という言葉そのままといった宮田宣也さん。いったいどんな方なのでしょうか?皆さんも気になりませんか?これまでの経歴彼女はいるのかなど調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

宮田宣也の経歴をwikiプロフ風に!出身大学はどこ?

出典:https://ja-jp.facebook.com/ogatsumikoshi

名  前:宮田宣也(みやたのぶや)

出  身:神奈川県横浜市

年  齢:29歳

出身高校:桐蔭学園高校

出身大学:筑波大学

最終学歴:筑波大学大学院

職  業:明日襷代表・アルバイト

宮田さんの画像を見るとかなりのイケメンぶりですね!しかもかなりの高学歴です。大学院ではバイオテクノロジーの研究をしていたといいます。

そんな宮田宣也さんが、祭りに参加してみこしを担ぐようになった理由とはどんなものだったのでしょうか?調べてみました。

宮田宣也さんがお祭りに参加するきっかけは、東日本大震災でした。当時大学院生だった宮田宣也さんは石巻に支援物資をもってボランティアに行きます。自転車で・・・

自転車で茨城から石巻ってすご過ぎますね!当時は宮田さんが住んでいるところもライフラインがストップするなどしていたらしいのですが、もっと大変な人たちがいるからと気がついたら東北に向かっていたといいます。

何かここら辺からすでに男らしさが感じられ、宮田宣也さんとお祭りのつながりがなんとなく想像できますね!

宮田宣也さんはボランティア活動が縁で、宮城県雄勝町の神社のお神輿を担ぎ、宮田さんの温度で盛り上がったといいます。

神輿を担いだ宮田さんは「神輿は担ぎ手の心を一つにして、感動を呼び起こす素晴らしいものだ」と感じて就職せずに全国のお祭りに参加するようになったといいます。

その後は、震災ボランティアで知り合ったフランス人がきっかけでフランスで神輿をあげたり、タイでも神輿をあげたりと活動は世界にも広がっています。

宮田宜也さんに彼女はいるの?

これまで宮田宜也さんの経歴をお伝えしてまいりましたが、何とも男らしい選択をされてきた方だと思いました。

ところでこの様に男らしい宮田さんですが、彼女はいるのでしょうか?気になる女性の方もいるかと思いましたので、このことについても調査しました!

宮田さんのFacebookを見てみると独身となっておりましたので、ご結婚はまだされていないようです。

気になる彼女の存在ですが、有力な情報はありませんでした。もしかしたらいない可能性がありますので、女性の方はチャンスがあるかもですよ・・・

年間50以上のお祭りに参加しているといいますので、もしかしたら彼女を作る暇がないのかもしれないですね?今回のマツコの知らない世界で、この件に関してマツコに触れてほしいですね!

おわりに!

宮田宜也さんはかなりの高学歴でお祭りや神輿に関わるきっかけが、あの3.11だとお伝えしてきました。

宮田さんの両親は宮田さんが小さいころに離婚しています。母親に引き取られますが、再婚相手とうまくいかずに居場所がなかったといいます。

そんな宮田さんを支えたのが祖父だったといいます。宮田さんの家系は宮大工だそうで、現在宮田さんがみこしを担いでいるのが、運命的に思えてきます。

現在宮田宜也さんは神輿の製作や修理の他に造園のアルバイトをして生計を立てているようです。

宮田宜也さんの学歴から行けば、高収入な職業につくのは容易だと思いますが、自分の思いに生きる宮田さんはまさに男だといえますね!

宮田宜也さんは神輿のいいところは一人で担げない所だとか・・・

こんな所に宮田さんの人柄が現れていると思います。宮田さんを応援したくなりますね!まずはマツコの知らない世界で宮田宜也さんをチェックしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする