宮田宣也の年収は?明日襷(アシタスキ)とは?

前回の記事では10月31日放送の「マツコの知らない世界」に出演する宮田宣也(みやたのぶや)さんの出身大学なの度の経歴や彼女はいるのかということについてお伝えしてきました。

宮田宣也の経歴をwikiプロフ風に!彼女や出身大学は!?

今回はその宮田宣也さんの年収など仕事についてお伝えしていこうと思います。お祭りで使うお神輿の製作や修理、お祭りのアドバイザーをされているということですが、年収はどれくらいなのでしょうか?

ブラック企業歴の長いワーキングプアな私にとっては、宮田さんのようにこれまではないものを職業にされている方って気になったりします。野暮ですが、調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

宮田宣也さんの年収はいくら?

宮田宣也さんの年収については、公開されておらず情報もありませんでした。(当然といえば当然ですね)

ということで、宮田さんが代表を務める明日襷(アシタスキ)についてやお神輿の価格などから予想していきたいと思います。

ということで宮田宣也さんの明日襷についてご説明します。

明日襷(アシタスキ)について!

【アシタスキとは?】

明日襷-Asitaski- は、地域に残る素晴らしい文化を発見し、守り、伝えることでしっかりと未来の子供達へつないでいくために起ち上がりました。

明日へつなぐ襷を刻もう。

ともに考え、ともに学ぼう。

明日をもっと好きになってもらえるような未来をつくるために。
ふるさとをもっと感じてもらうために。

明日がもっと好きになる。アシタスキ。

出典:http://asitaski.jp/

【活動内容】

文化財修復,製作を行っています。

主に祭礼に関連する神輿などの修復,メンテナンスを行います。

神輿の形,運行の仕方など,予算や状況に合わせ柔軟に対応します。

出典:http://asitaski.jp/

以上は宮田宣也さんが代表を務める明日襷(アシタスキ)のサイトから抜粋させていただいたものになります。

このほかイベント運命や実行に関しての相談やお神輿の担ぎ手不足、スタッフなどの人材不足による祭礼維持が難しいといった問題に対しての相談をしています。詳しくはこちらをご覧ください。

これらの活動が宮田さんの職業で収入ということになると思います。現在少子高齢化や過疎化で地域のお祭りの維持が難しく、やむなく長年続いた地域のお祭りを取りやめるといったことを聞きます。このような自治体や地域の方にとっては、ドンピシャな内容ではないかと思います。

神輿の価格はサイズや使用によってかなり開きがありますが、200万から700万円という価格帯でした。

何十年も利用するものだからということもあるのでしょうが、かなり高額ですね!一つか二つ販売できればかなりの収入になるのではないかと思いますが、制作期間や資材費が結構かかるのではないかと思います。またそんなにポンポンと売れるものでもないと思います。

まして宮田宣也さんは年間50日以上も全国のお祭りで神輿を担いでいますので、この仕事だけに集中するのは難しいと思います。

宮田宣也さんの1週間のスケジュールがNHKのU-29人生デザインのサイトにありましたので、ご覧ください。

http://www.nhk.or.jp/u29design/archives/16024/

宮田宣也さんは神輿の製作・修理の他造園のアルバイトをされています。その他図書館で勉強したり、そしてお祭りに参加するため移動や準備とあります。

予想するに神輿の製作修理の収入は安定的ではないと思います。サイトにご予算に応じてといっているくらいですから、もしかしたら儲けはあまり考えていないかもしれません。ですので造園のアルバイトをされているのかもしれません。

ですので造園のアルバイトの収入がベースでそれに神輿の製作・修理などの収入がプラスされるという感じではないでしょうか?

ちなみに求人サイトで関東の造園アルバイトの日給を見てみると8000円から11000円ほどでした。経験等でもちろんもっと高い日給の人もいると思います。

残念ながら宮田宣也さんの年収については、特殊な職業故に想像するほかにありません。

追記

月収は10万でアルバイトで6万とNHKのU-19で言っていました!

ただこの様に少子高齢化が進む日本にとって、宮田宣也さんのようなk津道が今後ますます重要になってくると思いますので、宮田さんの仕事は伸びていき年収も上がるのではないでしょうか?

やっぱり人のために働いている人は成功すると思います!ということで今回はこの辺で失礼します。宮田宣也さんの今後の活動を応援しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする