中沢えみりが橋本英教と離婚原因は中国人女性だった!?経歴等を調査!

自民党の橋本英教議員がニュースをにぎわせています。なんでも橋本英教議員の地元岩手から更迭の嘆願書が自民党の二階時間次長に提出されるなど前代未聞のの事態となっています。

地元から更迭の嘆願書が出るって普通ありませんよね?なぜかということには皆さんニュース等で散々見ていると思うので、ここでは改めて書くことはしませんが、ちょっと常識がありませんよね?

そこで今回は話題の橋本英教議員について検索すると出てくる「中沢えみり」、「離婚原因」、「中国人女性」などを中心にお伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

中沢えみり・橋本英教の離婚原因は中国人女性!?

こちらが2011年に橋本英教議員と結婚した中沢えみり墨田区議員です。(現在は離婚)中沢議員のプロフィールを見ていきましょう。

【プロフィール】

名  前:中沢えみり

生年月日:1979年生まれ

学  歴:墨田区第一寺島小(5年まで在籍)-イギリス ケント州バストンスクール留学

     目黒区立東山中学校 3年時転入卒業ー目黒区立東山中学校(3年時転入卒業)

     ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ 社会学/人類学部卒

     玉川大学文学部教育学科卒(通信教育)ー現在 墨田幼稚園副園長

平成24年に初当選して以来、私立幼稚園の負担軽減、教育、医療・福祉、墨田区の防災・災害対策など多くの政策に関わっている。

こちらが橋本英教議員ですが、どのように国会議員になったのかプロフィールを見ていきたいと思います。

【プロフィール】

名  前:橋本英教

出  身:岩手県大船渡市

生年月日:1967年8月28日

学  歴:盛岡第一高校 - 慶応義塾大学商学部

大学卒業後は日本最大の卸電気事業者の電源開発株式会社に就職し、1998年まで勤務。

岩手県議会銀選挙に出馬も2回とも落選。その後2012年に衆議員議員選挙に出馬して落選するも比例で復活当選。2014年んも小選挙区で落選も比例で復活当選し、現在は2回生議員。

離婚原因・中国人女性とは?

墨田区議員と国会議員という2人でしたが、離婚原因は橋本英教議員が議員宿舎の中国人女性のベットなど家具をいれ、この中国人女性が出入りしていおり、事務所関係者によると中沢えみり議員と橋本議員の離婚原因は、この中国人女性と関係にあったといいます。

そもそも議員宿舎は家族以外の使用は禁止されています。橋本議員は知らなかったといっています。これでは議員としていかがなものかと・・・

この中国人女性の正体ですが、20代とのことでその他は「謎の中国人女性」といわれるだけあって不明です。

選挙運動を手伝っていたかと思ったらいつの間にか顧問となっていたといいます。橋本議員によると現在は中国に帰ったということです。

まとめ

中沢えみり議員と橋本英教議員の離婚理由は橋本議員の顧問の謎の中国人女性。その中国人女性の正体は、20代ということ以外わからないが、現在は中国に帰った。

今回鋼鉄の嘆願手が提出された橋本議員は復興中の大船渡出身。2度の落選も比例で国会議員に当選しています。

なぜ復活当選という幸運をつかみながら、地元の復興のために尽くさなかったのか残念でなりません。

またなぜ、そこまで飲まなければならな方のでしょうか?これでは議員の資質がないという前に社会人として常識に賭けますね?

この様な事をした議員がどうなるのか、橋本英教議員の今後は注目したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする