北海道栄高校野球部 渡辺伸一監督の経歴や評判・顔画像は?

今度は北海道の高校の野球部で体罰です。ニュースに上がったのは北海道栄高校野球部の渡辺伸一監督です。

北海道栄高校野球部は2006年に選抜甲子園大会に出場 した経験のある強豪校です。

2017年秋季北海道大会ではベスト4に入る活躍をしていました。

今回の ニュースの内容につきましては皆さんもご存知と思うので当ブログでは割愛させていただきます。

北海道栄高校野球部監督の渡部伸一氏はどのような経歴の持ち主なのでしょうか?また評判についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

渡辺伸一監督の経歴

渡辺真一監督は 兵庫県の強豪校報徳学園の野球部出身で選抜大会に出場した経験があります。

報徳学園ではセンターとしてプレー。卒業後は大阪経済大学に進学します。

卒業後はタイガー魔法瓶に就職します。その後母校の報徳学園のコーチを終えて2001年に北海道栄高校の野球部監督に就任している。

渡辺伸一監督自身が報徳学園の選手だった頃は練習に次ぐ練習で練習の意味なども監督や先輩には聞けなかったと言います。

渡辺真一監督の指導方法は理解して練習したほうが身につくからということで自分が報徳学園でしてきた練習から180度変えたものにしたといいます。

現在の野球部員は、少子化の影響で大事に育てられてきた子供が多いといます。

なのでただ頭ごなしに厳しく指導するのではダメで、その加減が難しいとも言っております。

評判は?

気になる北海道栄高校野球部の評判ですが、調べてみたところ あまり良くないものがありました。

中学クラブチームの監督が暴力で選手が駄目にされるような高校には勧めたくない 。

試合に出るのはS特待かA特待でそれ以外は3年間お手伝い。

真意は定かではありませんが、 高校受験ナビというサイトの質問コーナーにこのようなことがあったとのことです。

誤解されたくないので言いますが本当かどうかはわかりませんがこのような記載があったということをです。

感想

北海道栄高校野球部の渡辺真一監督の経歴を調べてみて思ったのは、 自分が野球をやっていた頃と今では違うということで変化に対応しようとしていることです。

また北海道栄高校野球部の寮では地震が卵焼きを焼いたりするなどしているといい、悪い印象はなくむしろ良い印象を受けました。

しかし現実にはあまり良くない評判もあるようです。

北海道栄高校は 周りに何もない山の上にある学校のようですので、 寮生活をしている生徒は 本当に野球に集中できる環境だと思います。

反面野球で辛くなった場合には他に逃げ道がないとも言えます。

つい先日仙台育英高校野球部の部員の不祥事のニュースをお伝えしたばかりです。

今回も野球部の不祥事のニュースがあり、残念に思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする