十和利山熊襲撃事件の熊撃ち名人の斉藤良悦とスーパーKの名前の由来

今回は秋田県鹿角市十和田大湯で発生したツキノワグマによる獣害事件の十和利山熊襲撃事件(とわりやまくましゅうげきじけん)を取り上げます。

 

十和利山熊襲撃事件は2016年の5月から6月にかけてタケノコなど山菜取りをしていた男女4人がツキノワグマの犠牲となった戦後最悪の獣害事件です。

 

スポンサーリンク

十和利山熊襲撃事件の概要

 

2016年5月21日秋田県鹿角市十和田大湯字熊取平でタケノコを採取していた79歳の男性が遺体で発見され、最初の犠牲者が出る。

 

この日別の女性もツキノワグマに突然襲われ腕をかまれたが、一緒にいた夫がクマの頭を殴ったところツキノワグマが逃走した。

 

2番目の犠牲者時は5月22日、秋田市の78歳の男性。夫婦でタケノコ採集をしていた際に20日の事件の場所から北西に800mの場所でツキノワグマに襲われ、夫が妻に「逃げろ」と叫び妻は無事だったものの夫が犠牲となった。

 

3番目の犠牲者時は青森県十和田市の男性65歳で、5月30日に十和田大湯字田代平で遺体で発見された。

 

4番目の犠牲者は十和田市の74歳の女性で、6月10日に秋田県鹿角市十和田大湯の山林で遺体で発見された。この日の14時頃女性の遺体発見現場から10mの場所で
鹿角連合猟友会の斉藤良悦(61)が 体長1.3メートルで体重約70キロのメス を駆除。

 


NPO法人日本ツキノワグマ研究所の米田一彦の調査によると十和田利山熊襲撃事件に関連したツキノワグマは5頭いるとされるが、襲撃した以外のクマは食害に参加しただけと考えられている。

 

また4人の犠牲者のうち3人を襲撃したツキノワグマは若いオスで「スーパーK」と呼ばれた。

 

熊撃ち名人の斉藤良悦とは?

 

ツキノワグマ撃ち名人の斉藤良悦さんはどんな経歴をお持ちの方なのでしょうか?

 

斉藤良悦さんは飼育員2名がヒグマに襲われ犠牲となった秋田八幡平クマ牧場事件です。

 

冬季閉園中だったクマ牧場から6頭のヒグマが脱走。要請を受けた斎藤良悦さんはヒグマを駆除した経験はなかったものの1頭目のヒグマの頭部を打ち抜き、6頭すべてを駆除した。

  

最後の6頭目駆除のやり取りがスゴイです!

 

ヒグマは斉藤さんから約5メートル程の距離で飛び掛ろうとする仕草を見せた為、斉藤さんは目を見開き睨み付けると後ずさりを始めたので、直ぐに飛び掛ってはこないと判断し、斉藤さんはショベルカーに乗り込み、半身を車外から出してライフルの狙いを頭部に定め1撃で仕留めた。

  

ヒグマに対してにらみを利かせるって・・・

 

斎藤良悦さんは秋田八幡平クマ牧場でヒグマを退治した経験がありました。

 

ツキノワグマ・スーパーKの名前の由来

 

スーパーKは推定4歳の雄のツキノワグマで体重が80㎏。名前の由来は鹿角市のイニシャルKから来ている。

 

事件があった2016年9月に捕獲檻にはいっているところを発見され駆除された。

 

スーパーKは最初の犠牲者を出した熊取平から捜索隊の音を嫌って第三の犠牲者が出た田代平に移動してきたとみられている。

 

ツキノワグマは本来臆病だといわれていてましたが、今回の事件によってまだ明らかになっていない整体があるとされている。

 

またツキノワグマは人間を襲い食害をするということが判明したのは事実です。

  

ツキノワグマの対策と駆除について!

 

慾登山に行くときなど熊除けの鈴をつけて行けばよいといわれておりましたが、最近では逆に熊に居場所を教えているのではないかともいわれております。

 

一番いいのは熊のいるところに行かない!これが最大の対策です。 

 

ツキノワグマはこれまで捕食の為に人間は襲わないといわれてきましたが、今回の事件からそうではないことがわかります。

 

これまでの常識が通用しないのです!

 

また危険だからと言ってツキノワグマを発見次第駆除できるかというとそうではありません。

 

自治体の許可がないと駆除できないんです!

 

これまでは人里におりてこなかったツキノワグマですが、現在はそういうことはありません。

 

居住地がツキノワグマとかさなっている地域ではパトロールをするなどツキノワグマとのかかわりで非常に苦労しています。

 

そこに住んでいないなら生息地に行くのは控えるべきです。

 

ネマガリダケ(タケノコ)とは?

 

十和利山熊襲撃事件出の被害者に共通しているのはネマガリダケというタケノコ取りをするために入山していたということです。

 

ネマガリダケとはどんなものなのでしょうかこちらがそのネマガリダケです!


こちらがそのネマガリダケになります。わっしは食べたことがありますが、歯ごたえが良く本当におすすめです。

 

結構な収入になるので、ネマガリダケを取りに山に入る人は大勢いるといいます。

 

私がネマガリダケを食べられるのは取ってくる人がいるからなのですが、くれぐれも気を付けてほしいと思います。

 

ということで今回は秋田県鹿角市で起きた 十和利山熊襲撃事件(とわりやまくましゅうげきじけん) に関する記事でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする