ウルフアロン(ハーフ)の両親の職業や彼女とベンチプレス160㎏について!

9月20日から始まる「2018世界柔道選手権」に日本代表として出場するウルフアロン選手に注目してみました。ウルフアロン選手は2020東京オリンピックでメダル獲得が期待される注目の選手です!

ウルフアロン選手は父親がアメリカ人、母親が日本人のハーフ(日本国籍)アスリートです。名前を聞いて「日本代表でウルフアロン!?」と思った方もいるのではないでしょうか?

ということで、今回は検索の多いウルフアロン 両親ウルフアロン 彼女ウルフアロン ベンチプレスというキーワードを中心にお伝えしていきます。

スポンサーリンク

今回はウルフアロン選手の両親について!

ウルフアロン選手の両親については、父親はウルフ・ジェームズさんというアメリカ人の方で駒澤大学で英語の講師をされています。

母親は美香子さんという方で日本人です。年齢はお二人とも47歳です。

私はてっきり父親のジェームスさんか母親の美香子さんが柔道をしていたのかと思いましたが、違いました・・・

ちなみにウルフアロンさんは3人兄弟の2番目で、兄はアイザックさんといい音楽活動をされている見たいです。また、弟はシェインさんといい、柔道はやっていないとのことです。

柔道選手といえば、柔道一家というイメージがありましたが、ウルフアロン選手の場合は違いました。

ウルフアロン選手が柔道を始めたのは、ウルフアロン選手が体が大きいかったので、母方の祖父が進めたのがきっかけだといいます。(小学校1年生ですでに身長130㎝、体重30㎏)

ウルフアロン選手の才能を見抜いていたのでしょうか・・・

ウルフアロン 彼女は!?

ウルフアロン 彼女というキーワードが検索すると出てくる程ですので、やはり皆さん気になっているようです。

私も早速ウルフアロン 彼女で検索してみたのですが、ウルフアロン選手に彼女がいるのかは判明しませんでした。

ウルフアロン選手に彼女がいるのかは、今後も調査していこうと思います。

現在は2020東京五輪に向け柔道に集中しているのかもしれませんね!

ウルフアロンのベンチプレスがスゴイ!?

続いてウルフアロン ベンチプレスというキーワードについてです。柔道はよく「柔よく剛を制す。」って言われますよね!?

でも実際に柔道選手、しかも100㎏級の選手ってどれくらい力があるのか気になりますよね!?

調べてみたところウルフアロン選手は高校時代が150㎏で、現在は160㎏なんだそうです。

私からすればベンチプレス160㎏って「おいおいスゲーな・・・」ってなりますが、柔道家としてはどうなのでしょうか?これまでのメダリストと比べてみます。

井上康生(100㎏級)シドニー五輪金メダリスト・・・170㎏

篠原信一(100㎏級)シドニー五輪銀メダリスト・・・170㎏

こうしてみると100㎏級の柔道家としては普通みたいですね!逆に言うとパワーは既に五輪の金メダリストと同等ですので、やはり2020期待できます!!

柔道家としては普通と書きましたが、ベンチプレスで160㎏をあげるということは、普通の人なら、技とか掛けなくても普通に投げ飛ばせちゃいますね・・・

ウルフアロンの出身高校や経歴

ここまでウルフアロン選手の父親、母親といった両親や兄弟、彼女やベンチプレスといった皆さんが気になるキーワードについて書いてきました。

最後にウルフアロン選手自身はどんな選手なのかご紹介したいと思います。

【プロフィール&学歴】

名前:ウルフアロン

年齢:22歳(1996年2月25日生まれ)

出身:東京都葛飾区新小岩

身長:181㎝

体重:100㎏

出身中学:文京区立第一中学校

出身高校:東海大学浦安高校

大学:東海大学

【経歴】

2012年 ポーランドカデ 優勝
2013年 インターハイ 優勝
2014年 全日本ジュニア 優勝
2015年 講道館杯 優勝
2016年 グランドスラム パリ 銅メダル
2016年 全日本選抜体重別 優勝
2016年 グランドスラム バクー 銅メダル
2016年 全日本学生優勝戦 優勝
2016年 講道館杯 優勝
2017年 グランプリ・デュッセルドルフ 2位
2017年 全日本選手権 2位

今回は注目度上昇中の柔道選手:ウルフアロン選手を取り上げてみました。今後の活躍に注目ですよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする