山崎充哲の評判は?出身大学/経歴や「おさかなポスト」とは?

今回はカミツキガメバスターとして8月18日放送の「ジョブチューン」に出演する「おさかななポスト」代表の山崎充哲(やまさき・みつあき)さんに注目していきます。

カミツキガメはいま全国で繁殖しているといいます。番組ではチャンカワイさんが捕獲に挑戦し、カミツキガメ料理も登場するといいますから見逃せませんね!

ということでカミツキガメバスターの山崎充哲さんはどんな方なのでしょうか?評判や出身大学といった経歴をお伝えします。

スポンサーリンク

山崎充哲の評判は!?

テレビなどのメディアにたびたび出演されている山崎充哲さんですが、その評判は気になるところです。

テレビ出演について同行というものはないのですが、山崎充哲さんは以下のように数々の賞を受賞されていますので、その評価は確かなものです。

  • 2006年 – 関東川の日ワークショップ会場グランプリ川仲間賞/特別賞:パフォーマンスグランプリ(紙芝居)ダブル受賞
  • 2008年 – 川の日ワークショップ韓国大会、日本水大賞グランプリ日本代表ジュニア隊員
  • 2008年 – 世界リトルラムサール韓国大会ジュニア隊員日本代表
  • 2008年 – 世界子ども水フォーラムトルコ/イスタンブール大会 日本代表最終選考ジュニア隊員
  • 2009年 – いい川・いい川づくりワークショップ全国大会入賞
  • 2011年 – 日本水大賞審査部会特別賞
  • 2012年 – 関東川の日ワークショップ入賞
  • 2016年 – シチズン・オブ・ザ・イヤー受賞

(引用元:山崎充哲Wiki

山崎充哲の出身大学/経歴は!?

名前:山崎充哲(やまさき・みつあき)

出身:神奈川県

年齢:59歳(1959年1月23日)

出身小学校:川崎市立生田小学校卒業

出身中学校:川崎市立生田中学校卒業

出身高校:日本大学藤沢高校

出身大学:日本大学農獣医部学部水産学科卒業

多摩川の淡水魚研究家として特にアユの生態に詳しい。

現在は「自然環境コンサルタント株式会社建設技術研究社」の代表のほか水辺の安全教育委員会/ガサガサ水辺の移動水族長、「おさかなポストの会」代表、川崎市特別派遣講師(理科)、東京都レッドデータブック選定委員など務めている。

おさかなポストとは?

上記で「おさかなポスト」代表とお伝えしましたが、「おさかなポスト」って何だろうと思ったと思います。

「おさかなポスト」とは育てられなくなった魚や亀を預かり、飼育しながら里親を探す活動をしています。

現在深刻な問題となっているカミツキガメなど外来種はもともとはペットとして飼育されていたものが、飼い主が育てられなくなり、池や川に捨てたのが原因です。

「おさかなポスト」はこういったことをなくすとともに命の大切さを考えさせてくれる活動といえます。

「おさかなポスト」の活動は新聞やテレビなどでも取り上げられ環境問題を考える話題となっています。

山崎充哲の著書(本)

山崎充哲さんは著書も出されております。山崎充哲さんの活動について知りたい人は読んでみてはいかがでしょうか?

ということで山崎充哲さんの著書を何冊か紹介しますね!

夏休みに一冊お子さんと呼んでみてもいいと思いますよ!

今回はカミツキバスターとして8月18日の「ジョブチューン」に出演する山崎充哲さんにスポットを当ててみました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする