横江公美教授の顔画像や経歴をwiki風に!Twitterが大炎上・・・

東洋大学国際学部の横江公美(よこえくみ)教授のTwitterが大炎上したという。なんでも日本は「ウルトラマン症候群」という平和ボケなどといったようなことを毎日新聞のコラムに書いたのだ。

するとウルトラマンのファンから横江公美教授のTwitterに「ウルトラマンをばかにするな」、「ファンにに謝罪しろ!」といった批判のツイートがされ大炎上中だという。

今回ウルトラマンファンを怒らせてしまった横江教授とはいったいどんな人物なのでしょうか?早速調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

横江公美教授の顔画像と経歴!

【経歴】

名  前:横江公美

出  身:愛知県名古屋市

学  歴:愛知県立中村高校 - 明治大学経営学部卒

大学卒業後アメリカのシンクタンクのヘリテージ財団で上級研究員を務める。帰国して東洋大学と青山学院大学で非常勤講師を務める。

1994年に松下政経塾人塾(15期生)でその間にリンストン大学客員研究員、ジョージ・ワシントン大学客員研究員として、アメリカ大統領選挙を中心に世界の選挙について実地研究を行なった。

アメリカが本社でインターネットを使用して市民投票をする会社のVOTEジャパン(株)社長を経て、現在は「PACIFIC21」の代表で政策、企画、企業研修に関するコンサルティングを行なったり、テレビのコメンテーターや毎日新聞のコラムを書いたりしている。

横江教授はTBSの月曜日のコメンテーターを務めているので、知っている方も多いかと思います。改めて横江教授の経歴を見てみると、とても優秀な人物であることがわかりますね!

ちなみにこちらが横江教授のTwitterです!

おわりに!

横江教授はウルトラマンを引き合いに、わかりやすく話したのだと思いますが、ウルトラマンファンには理解されなかったようです。

エリートの方が私のような一般人向けに流行りのものを引き合いにして、わかりやすく説明しようとすると大体失敗します。

政治家も一般庶民受けを狙って発言したものの失言になってしまったりして、かえって反感を買ったりします。やっぱり感覚が違うんですね・・・

頭のいい優秀な方は私のような小市民を理解することに苦労するのかもしれません。

ちなみに私のヒーローはというと北斗の拳に出てくるラン背に生きた男たちです。なかでもサウザーの歪みようが気に入っています。皆さんにヒーローは何ですか?

最後は話がぶっ飛んでしまいました。申し訳ございませんでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする