米倉貫太 (埼玉栄)の出身中学やシニアは?進路や評価【ドラフト2018候補】

今回はダルビッシュ2世と呼ばれている埼玉栄高校野球部のエースで、2018年ドラフト候補米倉貫太投手出身中学シニアそしてスカウトの評価進路についてまとめていきたいと思います。

米倉貫太投手埼玉栄高校は、かつて東北高校でダルビッシュ投手を育て、九州国際大付の監督をつとめた若生正廣監督が率いています。

それでは、ダルビッシュ2世と評される埼玉栄高校の米倉貫太投手はどんな選手なのでしょうか?

スポンサーリンク

米倉貫太 (埼玉栄)の出身中学やシニア(プロフィール)は?

こちらが米倉貫太投手(埼玉栄)のピッチングフォームです。すごい綺麗なフォームだと思いませんか?若生監督が期待するのもわかるような気がしますね!

名前:米倉貫太(よねくらかんた)

出身:福岡県うきは市

身長:184.1㎝

体重:83㎏

出身小学校:うきは市御幸小学校

出身中学校:浮羽中学校

出身シニア:浮羽ボーイズ

米倉貫太投手は御幸小学校3年の時に軟式野球の御幸タイガースで野球を始め、投手でプレー。

浮羽中学校時代は硬式の浮羽ボーイズでプレーし、県大会ベスト4で福岡県選抜に選出されアメリカ遠征にいった経験がる。

高校では1年生の夏から背番号11をつけてベンチ入りし、初戦の飯能戦で先発して4.1回を1安打無失点と好投。

若生監督が米倉貫太投手の素質を見抜き、期待しているのがわかりますね!

1年秋からは埼玉栄のエースとなるも秋季大会は地区予選で敗退、2年夏の県予選も初戦で敗退となった。2年秋は県大会ベスト8で、選抜出場はならなかった。

2018春季大会は準々決勝で山村学園に7-0で8回コールド負けをしている。

米倉貫太投手(埼玉栄)の評価・進路は!?

プロのスカウトの評価が気になるところですが、まずは埼玉栄の若生監督は米倉貫太投手をどのように見ているのでしょうか?

若生監督は米倉貫太投手を「素材は間違いなく一流」と認める一方、課題としては精神面をあげています。

投球フォームもボールも練習ではいい、絶対押さえてやろうという気持ちがあれば、もっといいピッチャーになる。投球フォームもボールも練習ではいい。試合ではまだまだ。2年間大事に育ててきた。勝てるピッチャーになれといったとのこと。

ダルビッシュ投手を育た若生監督の評価です。フィジカル面よりもメンタル面といったところでしょうか・・・

次にプロのスカウトは米倉貫太投手をどのように評価しているのでしょうか?

ヤクルト・伊藤光明スカウト部長

「いい投げ方をしている。フォーム的に欠点はない。」

日ハム・今成スカウト

「ピッチングのセンスがいいね。」

広島・尾形スカウト

「伸びしろがある。」

DeNA・武居スカウト

「素材がすごくいい。」

巨人・青木スカウト

「投げ方や体重移動は理想の動きが出来ている。」

この様に米倉貫太投手は素材的には素晴らしいものを持った投手ということができると思います。

プロのスカウトがフームや体の使い方について理想的だといっています。普通ここまで言われる投手ってなかなかいませんよね?

これまで米倉貫太投手の最高成績は2年生秋の県大会ベスト8です。夏の甲子園2018に出場して全国でピッチングを披露したいところだと思います。

進路については米倉貫太投手が特に明言しているわけではないのですが、甲子園の次はやはりプロなのではないでしょうか?

もしプロ志望届を出したとすると、ドラフト2018で指名される可能性が高い投手だと思います。

この夏甲子園に出て好投すれば、上位での指名もあるのではないでしょうか?

まとめ

埼玉栄高校野球部のエースの米倉貫太投手は、福岡県の浮羽中学校出身で、若生監督をしたって埼玉栄高校に入学した。中学時代は浮羽ボーイズでプレーしていた。

プロのスカウトは素材のすばらしさを評価している。実績を残せばもっと評価される投手といえる。

以上、埼玉栄高校野球部エースの米倉貫太投手についての記事でした!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする