由利工業野球部2018メンバーの出身中学&注目選手

2018選抜高校野球大会の出場校が決まるのは1月26日です。今回は21世紀枠候補の秋田県立由利工業高校野球部2018年メンバーの出身中学や注目選手情報をお届けします。

昨年の秋季高校野球東北大会に初出場した由利工業はベスト8に入り、東北地区の21世紀枠候補に選ばれました。

2018年センバツ甲子園の21世紀枠候補となった由利工業高校野球部はどんなチームなのでしょうか?また21世紀枠候補として選ばれる可能性についても考察してみます。

スポンサーリンク

由利工業高校野球部2018メンバー&出身中学

【メンバー】

1 佐藤 亜連 3年 大内中学校

2 井島虎之介 3年

3 木村 裕太 3年 本荘北中学

4 大友  丈 3年

5 佐藤 隼人 3年 鳥海中学校

6 佐々木聖弥 3年 本荘南中学

7 菊池 浩介 3年 大内中学校

8 土井 幹太 3年 本荘東中学

9 

10

昨秋のスタメンをもとに記載しています。今のところ情報が少なく出身中学校やクラブについてお伝えできません。わかり次第追記しますのでご容赦ください!

ただ由利工業高校は県立高校で、地元の中学生でチームが構成されています。由利工業高校野球部は例年地元の本荘東、本荘南、本荘北、大内中、仁賀保中、西目中、岩城中などの選手が多いです。

現チームもおそらくこの様な感じではないかと思われます。また中学軟式の他由利本荘市には「由利本荘シニア」というチームがありますので、硬式野球経験のある選手もいることと思います。

情報が入り次第お伝えしますのでしばしお待ちください。

由利工業野球部2018注目選手

佐藤亜連 3年・投手

昨年秋の東北大会ベスト8の原動力となった由利工業高校野球部のエース。ストレートはMAX142キロ

21世紀枠候補は全国で9校あがっており、好投手が揃う。その中でも佐藤亜連投手は評価が高く、今後体が出来フォームが固まれば、きゅそくはまだまだ伸びるとの評価。

佐藤亜連投手は「全国でも注目されるぐらいまで力をつけて、殴り込みたい」と意気込んでいる。甲子園という全国美舞台でのピッチングを見てみたい投手のひとりです。

由利工業高校について

秋田県立由利工業高校は昭和37年創立の工業高校で、機械科、電気科、環境システム、建築科があります。

野球部員は現在3年生が24人、2年生が14名で活動している。これまで春夏共に甲子園出場経験はなく、今回21世紀で選出されれば、春夏通じて初の甲子園出場となる。

由利工業のある由利本荘市も少子高齢化が進んでおり、志願者減という困難に直面しながらも部員が率先して挨拶をする「地域に愛される由工」を実行して地域での評価を得ている。

21世紀枠出場の可能性は?

由利工業は東北大会で弘前東高校を9回に逆転してベスト8に入りました。準決勝では強豪校の花巻東に2-4で敗退するも6回までは由利工業がリードしており、強豪校とも互角の勝負をしています。

由利工業は東日本の候補となり、北海道大会ベスト8の函館工業とのどちらかだと考えます。これはどちらもベスト8と他の候補の高校より一つ抜け出ているからです。

あと由利工業は春夏通じて甲子園出場がありませんが函館工業高校は夏4回、春1回出場している古豪です。

また今回は記念大会ということで通常2校の東北地区が3校に増枠されましたが、北海道は通常通りの1校しかありません。

この2点を選考委員会がどういう判断をするのかということになります。

近年21世紀枠は初戦で大差での敗退が続いていますので、個人的には21世紀枠も極力力のある学校を選んでほしいと思います。

まとめ

21世紀枠候補の由利工業高校の野球部は地元の選手で構成されており、地域に愛される学校として活動していました。注目選手は最速142キロの東北大会でも好投した佐藤亜連投手です。

東北大会での戦いぶりを見ると、甲子園でもいい試合をしてくれそうな感じがしました。果たして春夏通じての甲子園出場になるのでしょうか?注目したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする