穴田真規の現在の仕事は?出身高校や山田哲人との関係と結婚して妻や子供は?

今回は元阪神タイガースで内野手の育成選手だった穴田真規さんの現在の仕事や出身高校についてお伝えしていきたいと思います。

 

またヤクルトスワローズの山田哲人選手との関係や結婚して妻や子供はいるのかについても調査してみました。

スポンサーリンク


穴田真規の現在の仕事は?

穴田真規さんは2011年から2013年まで阪神タイガースの育成選手として野球をしていましたが、一軍出場がないまま2013年10月に戦力外となります。

 

その後2014年から2017年まで社会人野球チーム・和歌山箕島球友会でプレーしました。

 

箕島球友会で野球をしていた時は和歌山のスーパー「マツゲン御坊店」に勤務しており、朝5時に起きて出勤し、15時まで仕事をしてそれから21時まで練習で完全な休みは月一日しかなかったといいます。

 

そして現在、穴田真規さんは兵庫県尼崎市にある農機具や自動車、医療器具の部品を取り扱う「株式会社ヤマキン」という会社の営業マンをされています。

 

現在は社長と新規営業や車で配達したりしているとのことです。甲子園に接待としていくこともあるといいます。


穴田真規の出身高校はどこ?

プロ野球選手になったのですからどこの高校や大学なのかといった出身校も気になりますよね?

 

穴田真規さんの経歴をお伝えしたほうがわかりやすいと思いますので、これまでの経歴をまとめてみました。

穴田真規の経歴をwiki風に!

名前:穴田真規(あなだまさき)

出身:大阪府箕面市

年齢:25歳(1993年2月1日)

身長・体重:180㎝/78㎏

出身小学校:箕面市立西小学校

出身中学校:箕面市立第一中学校

出身高校:大阪府立箕面東高校

 

小学2年で軟式野球を始め、3年生から硬式の宝塚リトルでプレー。中学時代は淀川シニアで投手、捕手、右翼手でプレー。

 

高校は公立の大阪府立箕面東高校に進み主将を務める。強肩強打の内野手で高校通算31本の本塁打を放っている。

 

高校の時の監督は大阪府立渋谷高校で元プロ野球選手の中村紀洋さんらを擁して甲子園に出場した長谷監督で、打球の飛距離は中村紀洋さん以上だったといっております。

 

山田哲人との関係は?

穴田真規さんが宝塚リトルに所属していた時に現在ヤクルトスワローズで活躍する山田哲人選手もいたといいます。山田哲人選手が小学2年から所属しているので、穴田真規さんが後から入った形です。

  

当時の宝塚リトルはプロ野球選手が2人も出ているのですからかなりレベルが高かったのかもしれませんね?

 

穴田真規さんの50mのタイムは6秒6で山田哲人選手が5秒57で、高校時代の本塁打数は31本です。二人とも首足強打の内野手です。

 

本塁打数に関してwikiでは二人とも31本ですが、穴田さんが山田哲人が甲子園で打ってこされたといっておりますので、1本山田哲人選手の方が多いのかもしれません。

 

結婚して妻や子供はいる?

穴田真規さんは結婚して妻や子供はいるのでしょうか?気になって調べてみました。

 

調べてみた結果、結婚については全く情報がありませんでしたので、独身と思われます。

 

年齢も25歳ですので、これからといったところではないでしょうか?彼女についても情報がありませんでしたが、こちらについてはいるのかいないのかは判断がつきません。

 

まとめ

穴田真規さんの現在の仕事は株式会社ヤマキンという農機具や車などの部品を扱う会社の営業マンになっておりました。出身高校は公立の大阪府立箕面東高校で渋谷高校で甲子園出場した長谷監督から指導を受けていました。

 

山田哲人とは宝塚リトル時代チームメイトでした。また結婚についてはおそらく独身だと思われます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする