伏見直樹の若いころの画像やエピソードと今現在の仕事は何をしている!?

今回は日本一のジゴロ、伝説のホストと呼ばれた伏見直樹ふしみなおきさんにスポットを当てていきます。若いころ画像エピソード今現在は何をしているのでしょうか?

今でこそホストといえばだれもがわかりますが、伏見直樹さんはその元祖といえる存在で、今現在は61歳です。ホストとして名をはせたのはバブル絶頂の頃です。

伝説のホスト伏見直樹さんがどういう人物なのか皆さんもいになってきましたよね!?

気になった方は続きを見てみよう!

スポンサーリンク

伏見直樹若いころの画像とエピソード

こちらが若いころの伏見直樹さんの画像です。うーんムーディ・・・

今だったら絶対指名されませんね!?

さすがに時代を感じさせる一枚ですが、当時は私たちが今のホストを見るような感じで見られていたのだと思います。

それでは伏見直樹さんの若いころの伝説的エピソードをご紹介します。

・一晩で500万円稼ぐ

・50個もの女性の合いかぎを持っていた

・億を貢がせた男とマスコミをにぎわせた

当時で一晩で500万円ですので現在だったらもっと大きい金額だと思います。さすが伝説のホストです!

またホストをしていた伏見直樹さんですが、もとより歌手に憧れていたとのことで、歌手デビューもされております。

こんな曲を出しています。

1979年「女になりたい」

1982年「狂った夜へ」

1989年「夜の小劇場」

引用:https://historia.work/

こちらも伏見直樹さんの若いころの画像となりますが、やはり今現在なら絶対指名はされませんね!?

こちらは伏見直樹さんが18歳の頃の画像ですが、別名でリリースしています。

こちらの画像だったら今と通じるものがありますよね?指名も入ることでしょう。

ここで伏見直樹さんの経歴(プロフィール)を紹介します。

名前:伏見直樹(ふしみなおき)

出身:北海道

年齢:61歳(1955年10月16日生まれ)

血液型:B型

伏見直樹さんは15歳の時家族で東京に引っ越してきます。東京にきてからは高校に行かず父親の力仕事を手伝っていました。

父親に栄養士になりたいので専門学校に行きたいといったところ断られて家を飛び出し、新宿のビルの合間で寝るホームレスとなります。

その後ウエイターの仕事をするも従業員でストライキを起こして全員クビになります。

有楽町の「有楽」で働き、常連客だった美沙子というホステスに高額なチップをもらい、親密な中になり16歳で道程を捨てたといいます。

その後「マイアミ」に移りますが、店員惨殺事件があり辞めます。

マイアミをやめた伏見直樹さんは母親から資金を工面してもらい「ロマン」というスナックを開店。

その常連客から絶対ナンバー案になれるといわれ、梅宮辰夫さんが経営するホストクラブ「梅宮」で働くことに。このころ童貞を捨てた美沙子さんと破局。

そして新宿一の「クラブ愛」でナンバーワンになり、伝説のホストとなりました。

伏見直樹今現在の仕事は何をしている!?

億を貢がせたといわれる伏見直樹さん。61歳となった今現在はどうしているのでしょうか?

『レトロ酒場 三本杉』

場所:東京都板橋区中板橋17-3

電話番号:03-6905-7823

営業時間:12:00〜16:30、18:30〜23:00

定休日:水曜日

伏見直樹さんの今現在の仕事は「レトロ酒場 三本杉」というお店を月4万3千円のボロアパートに住みながら東京板橋でされております。

てっきりホストクラブのオーナーとかなっているのかと思いましたが意外でした。

実は「クラブ愛」でナンバーワンとなった伏見直樹さんはその後独立して「新宿ジゴロ」、「バイオレンス・ジゴロ」など次々オープンさせました。

そんな伏見直樹さんでしたが、2012年女性関係をすべて断ち、「今までを清算するたび」といって全国のパワースポットを巡る旅に出ます。

何か心境に変化があったのでしょうか・・・

伏見直樹さんは今後若者に人気の職業で一発逆転を狙っているといいます。

いったい今度は何をするのでしょうか?期待しましょう!

以上今回は伝説のホスト・伏見直樹さんの若いころと今現在の仕事についえスポットを当ててみました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする