岩城禎の高校・大学(経歴)や妻(嫁)の画像は?職業の投資家の年収は?

今回は「激レアさん」出演の卓球の岩城禎(いわきただし)さんの出身大学などこれまでの経歴や結婚した妻(嫁)についてや年収についてまとめてみました。

皆さんは好きな事をどこまでやれますか?岩城禎さんを調べていくとすごい人物でした・・・

スポンサーリンク

岩城禎の出身高校・大学(経歴)

名前:岩城禎(いわきただし)

出身:大阪府堺市

年齢:35歳(2021年2月現在

出身高校:奈良学園

出身大学:神戸大学法学部

職業:個人投資家

岩城禎さんの経歴を詳しくお伝えしていきます。岩城禎さんは弁護士の父親の家庭に生まれ、国立の大阪教育大学付属天王寺小学校を受験し、見事7倍の競争を突破し120人の枠に入ります。

しかしそこからくじ引きで10人が落とされるという意味不明なシステムで公立小学校に進みます。よくわかりませんが試験の意味がないですよね・・・

卓球との出会いがこの小学校で5年生の時に必修クラブで陸上をやろうと思ったのですが、定員が1人多くじゃんけんで負け、友達に誘われる形で卓球クラブへ入ります。

ここまでだとくじ引きとかじゃんけんという自分の力以外の部分で損をされてる気が・・・

岩城禎の父親は卓球台や本を購入し練習に付き合います。その甲斐あってクラブでは1番に!

しかしここから岩城禎さんの卓球ストーカーともいわれる卓球人生が始まります。

中学は中高一貫校の進学校の奈良学園に進学します。これは父親が自分と同じ京都大学に行って自身の弁護士事務所を継がせようという考えがあったからです。

しかし岩城禎さんは勉強ではなく卓球に打ち込みます。町の卓球場で夜11時まで練習し1時に帰宅して朝5時半に起床するという勉強そっちのけの生活です。

入学時は上から3番目だった成績が卒業時は設楽ら3番目へ・・・

そんな岩城禎さんは神戸大学法学部へ進学します。もちろん弁護士になる為・・・ではありません。

卓球部でレギュラーになれそうだったからで、緑の館という練習場に朝8時半から夜11時まで居座ってすべてを卓球に注ぎ込みます。

5年かけて神戸大を卒業した岩城禎さんは弁護士の勉強を始めるも卓球の練習時間を確保できそうな公務員へ就職します。

その公務員ももっと卓球を練習したいという事から2年で退職し、投資をして生計を立て更に卓球の練習をします。

そして35歳になた岩城禎さんは「天皇杯・皇后杯2021全日本卓球選手権」に出場し、2回戦で13歳の天才卓球少年の松島輝空選手と対戦し話題となります。これまですべて自己資金で大会に出場しているところがすごいところです。

岩城禎は結婚した嫁(妻)や子供の画像はある?

小学5年生で卓球に出会って以来卓球にすべてを注ぎこんできた岩城禎さんですが、ご結婚されて奥様がいらっしゃいます。子供さんがいるかについてはわかりません。

というのも岩城禎さんが公務員になったきっかけは当時の彼女で現在の嫁(妻)さんから「司法試験に合格するか就職しないと分かれる」といわれたからだったんです。

残念ながら一般の方ですので結婚した嫁(妻)さんのお名前や画像等はございませんでした。もしかしたら「激レアさん」とかで情報が出るかもしれません。

岩城禎の職業・投資家の年収は?

岩城禎さんが個人投資家として生計を立て大会にも出場されていることはお伝えしてきました。単純に年収ってどれくらいなのか気になった方もいるのではないでしょうか?

投資といっても様々あります。年収はなかなか想像できませんが、市役所勤務で約500万~600万円ほどだと思われますので、やはりそれくらいかそれ以上の年収はあるのではないのでしょうか?

感想

岩城禎さんは卓球の才能がないからこそがないからこそ他の能力を総動員して、本来勝てるはずのない格上の相手に勝つ喜びを得る事が卓球をする目的だといいます。

岩城禎さんは難なく国立大学に入ってしまう力、弁護士になれる力、公務員になれる能力、投資家として成功と普通の人なら誰しもが欲しがる能力を持ちながら才能がないというタ級に人生をかけているとてつもないかたです・・・

卓球というくくりで見てしまうと普通なのかもしれませんが、国立大学、公務員、投資家凡人ならどれか一つでも難しいことを普通にやってのけています。

岩城禎さんってすごい天才なのだと思います。弁護士の道も完全に捨てたわけではないともいいますからすごいです。

以上、公務員、投資どれもないえていない人の感想でした・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました