金城浩二の経歴(wiki風)や奥さん(嫁)子供と収入について!

今回は8月21日の「衝撃アノ人に会ってみた!」で取り上げられるサンゴ養殖の第一人者の金城浩二さんの経歴や奥さん(嫁)と子供、そして現在の収入についてリサーチしていきたいと思います。

 

金城浩二さんを知らない方のために簡単に説明すると、沖縄の海でサンゴを養殖して海に返す活動をされている人で、岡村隆史さんが主演の映画「てぃだかんかん-海とサンゴと小さな奇跡」のモデルになった人物なんですよ!

 

スポンサーリンク

金城浩二の経歴をwiki風に!

名前 金城浩二(きんじょうこうじ)

年齢 49歳(1970年生まれ)

出身 沖縄県

目標 サンゴ礁をたくさん造ること

趣味 海遊び

特技 布団の上での平泳ぎ

心配な事 地球温暖化

座右の銘 サンゴ礁を次の世代へ

肩書 有限会社海の種 代表取締役

自慢 子供3人それぞれ、ついでに母ちゃん

2007年には 「人間力大賞」「内閣総理大臣奨励賞」「環境大臣奨励賞」 を受賞されております。

金城浩二さんがサンゴの要職をするきっかけはというと、1998年に沖縄のサンゴ礁がエルニーニョ現象によって大規模白化したのを目の当たりにし、サンゴを植えないといけない時代が来ると感じ、俺が戻してやると奮起して養殖や移植の試行錯誤を始めます。

 

経営していた飲食店や雑貨店を1店だけ残し、サンゴ養殖に取り組み3年後の2001年に要職に必要な基盤(コーラルピン)が完成して養殖がスタート、2003年にはT字ピンが完成して北谷町の海で移植を開始。

 

そして2004年には移植したサンゴが産卵を開始。同年有限会社海の種を設立。また2005年にはインドネシアのサンゴ礁を視察。

 

2006年に活動が注目されてテレビ番組で取り上げられ、その時のリポーターが田中律子さんでした。

 

まだまだ赤字でサンゴ礁礁の養殖・移植をする金城浩二さんに田中律子さんがNP御法人を作ろうと提案し、アクアプラネットのり上になります。

 

2010年には金城浩二さんが自身の活動を書いた著書 「てぃだかんかん-海とサンゴと小さな奇跡」 を出版。

 

同年4月に 映画「てぃだかんかん-海とサンゴと小さな奇跡」 が岡村隆史さん主演で公開される。

 

 

金城浩二さんのサンゴ礁を守る活動が描かれていますが、現実は映画よりもかなり大変だったとのことです。

 

映画では金城浩二さんが 金城健司という名前で岡村隆史さん 、奥さん(妻)が 金城由莉という名前で松雪泰子さんが演じております。

金城浩二の奥さん(嫁)と子供について!

次に金城浩二さんの奥さん(嫁)と子供についてお伝えしていきたいと思います。

 

経歴のところで紹介しましたが、金城浩二さんの自慢は奥さんと3人の子供さんです。

 

奥さん(嫁)のお名前は金城美佐江さんです。現在金城浩二さんが代表を務める有限会社海の種の総務のスタッフとして支えていらっしゃいます。

 

どんな方なのか気になりますよね!顔画像についてですがあるにはあるんですが著作権の問題があると思い控えます。きれいな方でしたよ!

 

妻の金城美佐江さんですが、借金が膨らみ近所にお金を借りに行ったりして金城浩二さんの活動を支えます。

 

更には「家がなくなっても父さんについていく」といったそうです。なんとすばなら知奥さんでしょうか!うらやましい!!

 

どこかの奥さんと大違い!!

 

また金城浩二さんの3人の子供さんについてですが、名前や画像については情報がありませんでした。

 

ただサンゴの養殖・移植を始めた当初は借金があり、子供たちにクリスマスプレゼントを買ってやれなかったといいます。

 

そんなときを乗り越えて現在があります。金城浩二さんが奥さんと子供たちを自慢というのはこういったことがあるからなんですね!

金城浩二の現在の年収は?

活動を始めた当初は借金があったりということでしたが、現在は軌道に乗っているようですので、それなりの収入はあると思われます。

 

ただサンゴの養殖をしている人自体いませんので、推測のしようがありません・・・

 

サンゴを獲る漁をする人は結構な年収があると聞きますが、金城浩二さんは植える人なので参考になりません。

 

金城浩二さんは講演もしてらっしゃるのでそういった収入もあるかと思いますが、いくらぐらいなのかはやっぱりわかりません。

 

おわりに!

地球温暖化が進んでいることが近年猛暑や集中豪雨などで実感できるようになってきました。

 

海水の温度が上がりサンゴの白化現象も深刻だと聞きます。金城浩二さんのような方の活動はもっと注目されるべきだと思います。

 

ということで、今回金城浩二さんをリサーチしてみたら奥さん子供もすごい人たちでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする