佐々木朗希(大船渡)の出身中学等経歴!ドラフト2019候補の進路は?

今回は2018年高校生最速右腕でドラフト2019候補の大船渡高校エース・佐々木朗希(読み方:ささきろうき)投手の出身中学等経歴や進路について記事を書いてきたいと思います。

佐々木朗希投手は2019年のドラフト候補にあがっているとともにU 18の候補メンバーにもなっております。

高校2年生の時にすでに最速152 km の球速を記録した佐々木 朗希投手の球歴が気になると共に今後の活躍や進路も気になるところですね?

それにしても岩手県は大谷翔平選手といい、すごい投手が出てきますね…

それでは大船渡高校の佐々木朗希投手の出身中学等経歴から見ていきましょう!

スポンサーリンク

佐々木朗希(大船渡)の出身中学や経歴は?

名前 佐々木朗希(ささきろうき)

出身 岩手県陸前高田市

身長 189センチ

体重 81 kg

出身中学校 大船渡第一中学校

高校 岩手県立大船渡高校

小学3年生から野球を始め、 大船渡第1中学校では軟式野球部に所属していました。

中学3年生の時にはオール気仙でKボール東北大会準優勝をしております。

その時に141 km を投げ注目され始めます。

152 km を投げる投手と言うからさぞかしボーイズリーグなどで徹底的にやってきたのかと思いましたが、中学軟式は意外でしたね?

中学で141キロもなければ強豪校などから多数声がかかったに違いありません。

しかし、佐々木朗希投手は 中学野球が楽しかったので、その仲間と甲子園を目指したいということで、強豪私学には進学せず地元の大船渡高校に進学します。

大船渡高校進学後は1年夏からベンチ入りするものの秋は成長痛で登板ができませんでした。

ただ大船渡高校に入学して一年生でいきなり147 km という球速を記録した!

そして2年生となった今年の5月28日の盛岡中央線で自己最速となる152キロという球速を記録して一気に全国区になり、U 18の第1次候補にも選ばれました。

佐々木朗希の進路は?ドラフト2019でプロにいくのか?

佐々木朗希投手は 1年生の時にプロは考えておらず、甲子園が目標と言っております。

中学の仲間と甲子園を目指したいしたいと言って地元の大船渡高校に進んだ佐々木投手からすれば当然のことだと思います。

早くもドラフト候補2019とかプロのスカウトが注目と佐々木 朗希投手の周りが騒がしくなっております。

今後 U 18など に選ばれたりすれば 他の高校生を見て刺激を受けると思います。

そうなった時にもしかしたらプロを意識するのかもしれません。

ただ今は仲間と甲子園の目標以外考えていないようです。

まとめ

佐々木朗希投手は陸前高田出身で出身中学は大船渡第一中学校。

中学までは軟式野球部に所属して いた。

現時点で佐々木 朗希投手の最速は152 km。

U 18高校日本代表の第一次候補に選出。

佐々木朗希投手は東北大震災の影響で陸前高田から大船渡市へ引っ越しをしたという経緯があるといいます。

今後ますますの活躍が期待される佐々木投手。 被災者に佐々木投手の活躍は大きな希望を与えてくれると思います。

大船渡高校野球部の監督さんは成長痛の時はあまり投げさせていないなど大事に育てているようですので、今後も 怪我などには注意してもらいたいです。

目標である甲子園に仲間と一緒に出場してほしいものです。

当ブログでは佐々木投手の今後について注目していき、新しい情報が入り次第追記していきたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする