澤井芳信の出身大学や経歴(wiki風)と現在の仕事(職業)は?

皆さんは澤井芳信という元高校球児を知っていますでしょうか?澤井芳信さんは21年前に松坂大輔投手と決勝で戦った京都成章高校野球部のキャプテンです。

 

今現在澤井芳信さんは、先日引退した上原浩治さんなどスポーツ選手をマネジメントする会社の社長になられています。

 

そこで今回は澤井芳信さんの出身大学といった現在社長になるまでの経歴を追っていきたいと思います。

 

松坂大輔投手が注目を集めた21年前の夏の甲子園にいたもう一人の球児・澤井芳信さんはドンア人生を歩んでこられたのでしょうか?

スポンサーリンク

澤井芳信の出身大学や経歴をwiki風に!

名前 澤井芳信

出身 京都府

年齢 38歳(2019現在)

出身高校 京都成章高校

出身大学 同志社大学文学部社会学科産業関係学専攻

澤井芳信さんは京都成章高校時代に1番ショート・主将として秋季近畿大会でベスト4になり春の選抜甲子園にも出場しておりますが初戦の岡山理大付属に2-18で大敗し、夏は甲子園で1勝を目標に見事甲子園に出場。

  

ちなみに京都成章高校は進学校で特待生を集めて強化するような高校ではなく、レギュラー全員が軟式野球部出身というチームでした。

 

夏の甲子園では決勝まで勝ち上がり準優勝。松坂投手にノーヒットノーランを達成されます。

 

のーひっとのらんをされるも、あの松坂とやれたんだという気持ちだったといいます。

 

京都成章高校卒業後はあこがれていた同志社大学に進学し硬式野球部で3年の時にショートでベストナインに選ばれるも4年時には結果を残すことが出来ず、ドラフト候補に名前は上がっていたが結局指名されることは在りませんでした。

 

卒業後はプロを目指して社会人野球チームのかずさマジック(新日鉄君津を母体とした企業複合型チーム) でプレーをしプロを目指すがイップスになるなどレギュラーを獲れず4年間で引退。

 

結局プロになる道は閉ざされてしまった澤井芳信さんはスポーツマネジメントの会社に就職し、上原浩治さんのマネジメントを担当し、アメリカに同行します。

 

私が思うに澤井芳信さんの野球の実力というのも相当なものだと思いました。プロを目指せる位置まで行ける野球選手って甲子園にsyつ丈してもそう相違ない訳ですからね!

澤井芳信の現在の仕事は?

上原浩治さんと日本に帰って来た時に会社が二つに分かれてしまっていて、その一つで働くも退職し、現在の株式会社スポーツバックスを設立する。

 

澤井さんは会社を退職する前は早稲田大学の大学院に通ったり英語の勉強をしてステップアップしなければだめだと考えていたといいます。

 

こうして澤井芳信さんの経歴を見ると、様々な経験をされたことで、現在の仕事につながっているように思えますね!

 

楽天の平石監督も澤井さんの会社でマネジメントされているとのことですが、平石監督との関係は同志社大学時代にあり、主将が平石さんで雨の日は平石さんとPL学園の室内練習場で一緒に連取したりしたといいます。

 

その他にもバレーボール選手や元オリンピック水泳の代表選手などもマネジメントしており、澤井芳信さんの会社は順調に経営されているようです。

おわりに!

1998年の甲子園といえば松坂大輔投手だけにスポットが当たってしまいますが、現在澤井芳信さんはスポーツマネジメントの世界でプロになっていました。

 

今後スポーツマネジメントという仕事はますます注目され重要な職業になってくると思います。

 

あの年の甲子園は松坂投手が注目されますが、準優勝校のキャプテンというだけでも高校球児のトップレベルですよね?皆さんもスポーツマネジメントという職業と澤井芳信さんに今後注目してみてはいかがでしょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました