星稜高校野球部2019メンバーの出身中学&注目選手+林和成監督の歌と経歴

今回は石川県の星稜高校野球部2019メンバー出身中学校注目選手、そして林和成監督経歴をお伝えしていきたいと思います。

 

星稜高校野球部2019チームは前チームの甲子園ベンチ入りメンバーの半数近くが残り、史上最強との呼び声もあります。

 

それでは早速星稜高校野球部2019メンバーからお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

星稜高校野球部2019メンバーの出身中学校

 

1 奥川恭伸  右投げ右打ち 3年 

  かほく市立宇ノ木中学校

2 山勢新之助 右投げ右打ち 3年

  かほく市立宇ノ木中学校

3 福本陽生  右投げ右打ち 3年

  東練馬リトルシニア

4 山本伊織  右投げ両打  3年

  東京神宮リトルシニア

5 知田爽汰  右投げ左打ち 2年

  星稜中学校

6 山内壮真  右投げ右打ち 2年

  星稜中学校

7 有松和輝  右投げ右打ち 3年 

  星稜中学校

8 東海林航介 右投げ左打ち 3年 

  星稜中学校

9 岡田大響  左投げ左打ち 3年

  星稜中学校

10 寺沢康考多 左投げ左打ち 3年

  星稜中学校

11 萩原吟哉  右投げ右打ち 2年

  星稜中学校

12 新保温己  右投げ右打ち 3年

  星稜中学校

13 大高正寛  右投げ右打ち 3年

  星稜中学校

14 寺西成騎  右投げ右打ち 2年

  根上中学校

15 鈴木快明  右投げ右打ち 3年

  野々市立布水中学校

16 高木宏望  右投げ左打ち 2年

  星稜中学校

17 伊東駿介  右投げ右打ち 3年

  豊田リトルシニア

18 今井秀輔  右投げ右打ち 2年

  金沢リトルシニア

※明治神宮大会2018のメンバーを新学年で記載しております。

星稜高校野球部2019メンバーを見ると星稜中学校出身の選手が中心となっており、そこに県外のシニアからの選手が混ざって構成されております。

 

星稜高校は私立の中高一貫校で、星稜中学校には軟式野球部があり全国レベルです。

 

将来星稜高校野球部で甲子園を目指したいという優秀な中学生が入学してくるので、中学校で鍛えられた選手が高校で活躍するといった図式です。

 

仙台育英高校もこの様なスタイルになっており、明治神宮で優勝した札幌大谷高校に至っては、中学校にシニアがあります。

 

近年、中高一貫校に私立の高校は有望な選手を高校入学時に集めるというよりも中学校の段階から育てるという方針になっているように思います。

 

軟式ボールもM号という規格に代わり、硬式ボールに近づきました。この様な方針のチームは今後ますます強くなると思います。

 

星稜高校野球部2019注目選手

奥川恭伸(おくがわやすのぶ)投手

引用 やまチャンネル

昨年の甲子園でも背番号1をつけ注目を集めました。最速150キロを誇るプロ注目の右腕です。

 

中学校時代は軟式野球部に所属し、キャッチャーの山勢新之助と共に全国中学校野球大会で優勝をしています。

 

キャッチャーの山瀬慎之助も遠投120Mの強肩で昨年から奥川とバッテリーを組み注目の捕手です。

2人の他にも昨年夏の甲子園で投げた寺沢投手など甲子園を知る選手が多くおり、2019チームのレベルは相当高いといえます。

 

星稜高校野球部林和成監督の歌と経歴

星稜高校野球部を率いるのはOBの林和成監督です。

 

星稜高校時代は遊撃手で松井秀喜選手と三遊間を組んでいました。卒業後は日大で準硬式野球部の主将を務めた。

 

大学4年時に母校の指導者にならないかと声をかけられ、家業を継ぐか悩んだ末星稜高校野球部のコーチに就任。

 

部長を経て2011年より星稜高校野球部の監督に就任し現在に至る。

 

清涼高校野球部の監督と検索すると「星稜高校野球部 監督 歌」という検索候補が出てきます。

 

これは前監督の山下監督も松井秀喜さんが5打席連続敬遠され甲子園で敗退した時宿舎で気持ちを歌ったものですが、林和成監督も歌っています。

 

これは2018年済美高校に敗れた後宿舎にて「歌ってもいいか?」といってかりゆし58の「はじまりおわり」の替え歌をうたいました。

山下監督が歌った時林監督も聞いていました。その時のことがあるのかもしれませんね!?

 

星稜高校は私立の高校なのですが、山下監督も野球だけということではなく指導されておりました。

 

私立の強豪校ですが、なんとなくほかの強豪校とは雰囲気が違い、応援したくなるのはこういった監督がいるからかもしれません・・・

 

まとめ

 

星稜高校野球部2019メンバーの多くは星稜中学校出身のメンバーでした。

 

注目選手は昨年からバッテリーを組む奥川投手と山勢捕手ですが、他にも昨夏の甲子園ベンチ入りメンバーが多数おり、かなり戦力が高いチームといえます。

 

現在の林和成監督も2018年夏の甲子園で敗れた後、アカペラで歌を歌っている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする