谷川弥一の息子と娘について!国会で般若心経を唱えた理由とは?

今回はニュースになっている長崎3区の衆議院議員・谷川弥一(たにがわ・やいち)議員に注目してみました。どんな方なのでしょう・・・

 

今回はあえてニュースになっていることには触れずに谷川弥一議員で検索されているキーワードをもとに谷川弥一議員についてお伝えしております。

スポンサーリンク

谷川弥一の息子と娘について!

谷川弥一議員は妻の貞子さんとの間に谷川喜一さんという息子さんがいらっしゃいます。ご長男ということですがご兄弟についての情報はありませんでした。

 

何をされている方なのかというと谷川建設の社長を務められております。こちらの動画で谷川建設はどんな企業なのかを語っております。私はしっかりした経営方針をお持ちの方ができる方なのではないかという印象を受けました。

谷川建設は昭和46年に製材業の谷川商事の住宅部門から谷川弥一議員が独立し、起業した会社です。

 

現在は宮崎県を除く九州各県、広島、東京、韓国にも支店や営業所があります。九州ではかなり大きなハウスメーカーといえると思います。

 

谷川喜一社長が会長、社長を務めた創業者の谷川弥一議員から会社の経営を受け継いだという形になっております。

 

次に谷川弥一議員の娘についてですが、谷川喜一社長の妻が義理の娘という事での情報になります。

 

谷川喜一社長の妻は富貴さんという方で、谷川建設の取締役を務めているとのことです。

 

奥様の富貴さんは長崎県知事や参議院議員を務めた金子源次郎氏の娘さんになります。

 

一応お孫さんについても何か情報がないのか調べてみましたが、現段階ではないようでした。

谷川弥一 般若心経を唱えた理由

谷川弥一議員は国会の審議中に般若心経を唱えたことがあるんです。皆さん???ですよね!

 

それは2016年のカジノ法案審議中でした。なぜ唱えたかというと・・・

 

時間が余ったからです!っておいおい・・・

その時の様子です。審議中にいきなり唱えられたら驚きますよね!

 

般若心経の解説もしてくれております。なるほどそういう意味だったのか!勉強になりました・・・

 

この時はさすがに批判を受けたようです。谷川弥一議員は中々の人物なのではないでしょうか!

谷川弥一の学歴&経歴

谷川弥一議員は長崎県立長崎東高校を卒業し、家業の製材所から独立して谷川建設を創業。

 

長崎県議会議員を5期17年務めたのち、衆議院議員に当選し、6選を果たしています。

 

以上谷川弥一議員にについてザックリとお伝えしてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました