大西寿男(校正者)の出身大学や経歴は?年収も気になる!

スポンサーリンク

今回は校正者の大西寿男さんの出身大学や経歴、校正者の年収はどれくらいなんかなど調査していきたいと思います。

ちなみに校正というお仕事は雑誌や書籍、印刷物など作成する際に誤字や内容に間違いがないかなどをチェックする仕事です。このチェックがないと大変なことになるんですよ!

校正者がいないと誤字や脱字がある雑誌や書籍が出来てしまいます。大西寿男さんは多くの作家や編集者から絶大な信頼を得ている方なんです。

スポンサーリンク

大西寿男の経歴

名前:大西寿男(おおにしとしお)

出身:兵庫県神戸市

年齢:60歳(1962年生まれ

大西寿男さんは大学卒業後は編集者をされた後に校正者になられております。

元々本が好きだったという大西寿男さんは高校生の頃は小説を書いたり同人誌を作ったりされていたそうで、大学時代は考古学を学びますが就職活動は編集者を希望し東京の出版社を多数受けますが、全てう採用だったとのことです。

結局小さな編集部に採用され編集から構成まで一通り携わった後本屋でアルバイトをしていた時に友人の編集者から「文藝」(河出書房新社)の増刊号の校正を鉄愛の依頼を受けます。

そのとき「文藝」の編集長の高木さんという方から編集者より校正者の方が向いているといわれ、校正の仕事をするようになったとのことです。

当時大西寿男さんは校正者よロ編集者の方が偉いと思っていたのだそうですが、じっくりと現行と向き合うほうが自分の性格にあっていたのかもしれないとのことです。

その後25年以上にわたり河出書房、集英社、岩波書店といった一流しゃっぱん会社の外部構成者として活躍されます。

現在は一人でやりたいという思いから「ぼっと舎」という出版社を設立して一流の校正として活躍されております。

大西寿男の出身高校&出身大学(学歴)

大西寿男さんの出身高校と出身大学は以下の通りです。

出身高校:兵庫県立長田高校

出身大学:岡山大学文学部考古学卒

兵庫県立長田高校は偏差値が72という兵庫県の公立高校のトップの進学校です。また岡山大学文学部の偏差値を調べてみたところ61でした。

もちろん岡山大学は国立大学ですので、大西寿男さんがとても優秀な方だという事はわかりますね!ウ採用にした東京に出版社はどこを見ていたのだろうと思います・・・

大西寿男(校正者)の年収はどれくらい?

気になるのは校正者の年収ってどれくらいなのでしょうか?

調べてみたところ校正のお仕事の年収は内容によりかなり開きがあるようでした。また会社員としての年収とフリーランスでの年収で違いがあるようで、フリーランスの方が平均年収は高い傾向にあるようです。

ざっくりとした平均年収ですが、40代以上で300万円から500万円ほどのようですが、特にフリーランスの場合は仕事の内容や量でかなり違いがあるようです。

大西寿男さんですと校正者の超一流でされている仕事も大手出版社のものですので、上記はあまり参考にならないと思いますし、もっと多いと思います。校正者としてトップクラスの年収なのではないでしょうか?

度の世界もトップとなる人は世間一般の平均年収といったものは関係ないのかもしれません・・・

大西寿男さんの著者の紹介


校正のお仕事をされている方はもちろん、特に本が好きな人は一読してみてはいかがでしょうか?

まとめ

校正者の大西寿男さんは兵庫県の出身で長田高校から岡山大学に進学し、はじめは編集者を目指されていましたが、友人の紹介で「文藝」の校正をしたことがキッカケで校正者になりました。

私も印刷関係の仕事をしたことがりますが、印刷前にチェックしたのに誤字脱字はもちろん文章の言い回しが微妙な物だったりと痛い経験があります。

印刷してしまってからではもうどうにもできませんから大変です。

大西寿男さんは大手出版社などの大きな仕事をされていますので、ただただすごい方なんだと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました