浅野史郎の現在は?病気が原因でかつらに!?

前宮城県知事の浅野史郎氏が「高須クリニックを悪徳クリニックといっても事実だから名誉棄損にはならない」と発言し高須院長が激怒し「明日中にお詫びがなければ提訴します」といって話題となっています。

何やら穏やかでないですが、高須クリニックをこの様にいった浅野史郎前宮城県恥知事とはどんな人物なのでしょうか?

ということで浅野史郎氏を調べてみたところ「浅野史郎 現在」、「浅野史郎 病気」、浅野史郎 かつら」と検索補助が出てきます。

それだけこのワードが気になっている人がいることだと思いますので、調べてみた結果をお伝えしたいと思います。

一体どういうことなのでしょう・・・

スポンサーリンク

浅野史郎の現在は?

出  身:岩手県大船渡市

生年月日:1942年2月8日

学  歴:仙台第二高校ー東京大学法学部

職  歴:厚生省

厚生省福祉課長、厚生省生活衛生企画課長など歴任し1993年に退職し、宮城県知事に立候補し当選。その後宮城県知事を3期務め、2005年11月20日任期満了。4期目を不出馬と表明した委任した。

知事を務めた方のその後って気になりませんか?県のトップになった人ってどうしているのでしょうね?

気になる浅野史郎さんの現在は神奈川大学教授になっていました。正式には神奈川大学特別招聘教授です。

そして情報ライブミヤネ屋のコメンテーターを務めています。7月25日のミヤネ屋での高須院長に対しての発言が話題となったという訳です。

浅野史郎さんは病気でかつらに?

浅野史郎さんは2009年に成人T細胞白血病のため療養を開始し、造血管細胞移植を受けて2011年に復帰をしました。

その後の浅野史郎さんの画像がこちらになります。

病気が原因で頭髪が薄くなったので、かつらというワードが出たものと思われます。私は紺の件に関しましては不謹慎だと思います・・・

ところで浅野史郎さんが発症した成人T細胞白血病は幼少時に母乳を開始母親から感染したHTLV-1キャリアのみに発症する病気だそうです。

まとめ

知事を退任後、成人T細胞白血病にかかりながらも復帰し、神奈川大で教鞭をとったりテレビのコメンテーターとして精力的に活動する浅野史郎さんは素晴らしい人物だと思います。

今回の高須院長との問題ですが今後どのような展開をしていくのか見守りたいと思います。高須院長は「僕も老人だから老人だといって容赦はしません。」といっています。

まずは明日、浅野史郎さんが謝罪するかしないかですね・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする