服部蓮太郎の小学校や父親コーチの練習方法は?Twitterはやっているの?

今回は服部蓮太郎君という小学5年生100m最速の小学生にスポットを当てていきたいと思います。服部蓮太郎君は全国大会小学5年生で20年ぶりに大会新記録を出して日本一になりました。

100mといえば桐生祥秀が日本人初となる9秒98を出しておりますよね!服部蓮太郎君はネクスト桐生と呼ばれているみたいです。

そんな服部蓮太郎君ですが3月10日(土)の「炎の体育会TV」に現役メダリストのマスクマンランナーと対決します。皆さん是非みましょう!

ということで服部蓮太郎君はいったいどんな小学生なのでしょうか?

スポンサーリンク

服部蓮太郎の小学校や経歴をwikiプロフィール風に!

出典:陸上 Track & Field

名 前:服部蓮太郎

出 身:奈良県桜井市

小学校:桜井市立朝倉小

学 年:5年

記 録:12秒48(第33回全国小学生陸上競技交流大会の100メートル男子5年の部)

第33回全国小学生陸上競技大会では、5年男子100mで大会新記録で優勝

大会新記録で全国で1位になった服部蓮太郎君ですが、陸上を始めて一年ほどなのだそうです。

なんでもいとこの中学生が女子サッカーをしていて部屋にメダルが書けてあったのを見て自分もメダルが欲しいと思って陸上を始めたのだとか・・・

陸上を始める前は、ピアノと中国の楽器、二胡(にこ)の演奏が好きでやっていたといいます。

クラスでも足が速い方だったので100mを選んだとのことです。

陸上を始めて一年で大会新記録とは凄いですよね?いったいどんな練習をしているのでしょうか?

調べてみると服部蓮太郎君は父親の隆志さん(42)がつくる「桜井AC(アスリートクラブ)」に所属して練習しているとのことです。

服部蓮太郎君のtwitterは?

服部蓮太郎君はツイッターをやっているみたいで、「炎の体育会TV」に出演したことをツイートされてました!

右から2番目のかわいい女子高生は美しすぎる俊足女子高生の渡辺輝(きらり)さんです!こちらの記事で紹介しております!

渡辺輝(きらり)の経歴や大学は?彼氏がいるのか気になるのは私だけ!?

一番左の独学で日本一になったイケメン高校生の重谷大樹さんについてはこちらです!

重谷大樹の経歴や高校(進路)はどこ?彼女がいるのかも気になる・・・

父親の隆志さんの練習方法は?

父親の隆志さんは元陸上選手で現在は整体師をされているといいます。服部蓮太郎君が陸上を始めたので、近所の小学生を誘って桜井アスリートクラブを立ち上げ、週に3~4回、近くの公園や道路で練習しているとのことです。

父親の隆志さんの練習方法は1時間半程度から短い時は15分程度と短期集中型なのだそうです。理由は隆志さんが陸上をやっていた時は練習のし過ぎでけがに悩まされた経験があるからだといいます。

また楽しくやることがモットーとのことで、細かいフォームなどはあまり指摘しないといいます。

またユニークなのが体感を鍛えるためボクシングのミット打ちをするといいます。父親の隆志さんは牧深部のトレーナーもしていたことがあるそうです。

ZIPでも服部蓮太郎君は紹介されております!

父親の隆志さんは自身も陸上をやっていたとのことですが、服部蓮太郎君に陸上は押し付けなかったようですね?また、練習も短期手中型と服部蓮太郎君もやりやすいのではないでしょうか?

良く自分の人生の敗者復活戦とばかりにスパルタ教育をする親は沢山いますが、そういったやり方では結果が出ませんね!

おわりに・・・

服部蓮太郎君の目標は6年生で日本記録で優勝し、オリンピックで金メダルを取ることだといいます。

服部蓮太郎君は小学5年生で例題最速ということですから、小学5年生の時の桐生選手よりも早いということではないでしょうか?

服部蓮太郎君の将来が楽しみです。皆さん服部蓮太郎君を応援しましょう!!

※トレンドブロガーによるパクリ行為はご遠慮願います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする