春間豪太郎の出身大学や経歴をwiki風に!彼女や結婚については?

今回は「近未来創世記 日本を救うヤバイ偉人」で取り上げられた世界をRPGに見立てて冒険する春間豪太郎さんの大学や経歴、をwiki風にまとめてみました。

続きを読んでいただければわかりますが、本当にRPGのように世界を冒険されています。すごい人物です・・・

スポンサーリンク

春間豪太郎の出身大学や経歴をwiki風に!

名前:春間豪太郎

出身:京都府

年齢:31歳(1990年9月11日生まれ)

出身大学:大阪教育大学教育学部数学専攻卒業

春間豪太郎さんは5ちゃんねる(電子掲示板)で「行商人やキャラバンに憧れたからモロッコでロバと一緒に放浪の旅を始めたバカだけど」などが話題となり、まとめ掲示板で首位を独占。

主に発展途上国を動物と一緒に歩くスタイルでRPGゲームに見立てて冒険をしている。現在は筑波大学理工学群で機械工学を学び自身が年老いても冒険できるよう自作ロボや義足などの研究をしている。

春間豪太郎の冒険

春間豪太郎さんが冒険するようになたきっかけは大阪教育大学2回生で居酒屋でバイト、音楽専門学校の夜間を掛け持ちでバンドのドラムをやっていた19歳の時。

中学時代からの父親がアメリカ人の親友リッキーに会いに京都に帰った時でした。リッキーの父親からフィリピンに行ったリッキーと連絡が取れていなく、「ヨカッタラ サガシニイッテクレナイ」といわれます。

当時の春間豪太郎さんは海外なんて危険というイメージしかなく興味がなく、研修良好でニュージーランドに行ったことしか海外経験はありませんでした。冒険に目覚めた春間豪太郎さんのリアルRPGをまとめてみました。

2015年

エジプトの沙漠をラクダで旅しようとするも実力不足で、ラクダの遊牧をする。

2016年

フランス語を学習しカメルーンの熱帯雨林でピグミー族と自給自足の生活をする。モロッコで寝泊まりできる荷馬車を作成してロバ、猫、鶏、犬、鳩と共に徒歩で1,059kmの冒険をする。

2017年

ロシア語の学習と船舶衛星資格を取得し、キルギスにて馬に乗り1,086kmの冒険やオオカミとイヌワシと生活する人のところに居候したり、犬とヒツジ2匹と共に505kmの野宿旅をする。

2019年

船舶免許を取得し、買っていたインコと共に30万円の中古ヨットで日本一周5,240kmの航海をする。

2020年

アラビア語を話せるようになりラクダに乗って1,311kmに及ぶチュニジア周遊及び砂漠横断の冒険をする。 その時の動画がSNSでバズり、現地で有名になって来塩やテレビの出演依頼が来る。

どんどんスキルを身に着けて冒険する漢字はまさにRPGという感じがします。

春間豪太郎 彼女や結婚については?

春間豪太郎さんの彼女や結婚に関する情報はありませんが、これだけ世界を冒険されている経歴からするとご結婚はされていないのではないかと思います。

では彼女についてはどうなのでしょうか?冒険で訪れた地で現地の人からも好感を持たれているといいますから何か出会いはなかったのでしょうか?

春間豪太郎さんがキルギスへ向かうと駐カザフスタンのバス停でアレーというロシア人女性と出会います。

キルギスではロシア語が必要となる為、ロシア語はこのアレーさんから習います。アレーさんからキルギスに行くのを一週間遅らせてカザフスタンを一緒に回ってほしいといわれる中に!

一緒にモーテルに宿泊した時にアレーさんはロシア語を教えたお礼をしてほしいとい春間豪太郎さんにお願いします。

その後どうなったかは春間豪太郎さんの著書「草原の国キルギスで勇者になった男」に書かれていますので、ここまでにしておきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました