宮田正直 現在は記憶を失っていた!原因や仕事・結婚して妻や子供がいるかも気になる・・・

皆さんは上宮高校の宮田正直投手を覚えていますか?12月16日の「消えた天才」で取り上げられます。

宮田正直さんは現在タレントの元木大介さんの1学年後輩で、1989年の選抜甲子園準優勝投手です。

そんな宮田正直さんは記憶をなくしたといいます。現在どうされているのでしょうか?

スポンサーリンク

宮田正直 現在の仕事とは!?

宮田正直さんは3年次の選抜、夏の甲子園夏共に出場はかないませんでした。夏は中村紀洋さんのいる渋谷高校に大阪府大会決勝で4-6で敗れています。

宮田正直さんは1990年のオフにドラフト外で福岡ダイエーホークスに入団しますが、一軍での出場がないまま引退し、翌年から打撃投手を務めています。

宮田正直さんはダイエーホークスにドラフト外で入団したのは、自ら売り込んでのことだといいます。

現在ではその様な形での入団は聞きませんね?それだけ素晴らしい投手だったからできたことなのかもしれません。

そして現在の仕事は先乗りスコアラーとして働いていらっしゃいます。

宮田正直が記憶を失った原因のアクシデントとは?

元木大介さんらと選抜甲子園準優勝した宮田正直さんですが、その決勝戦や元木大介さんらチームメイトの記憶がないといいます。

普通甲子園で準優勝した経験があったら一生忘れないですよね?いったいなぜ記憶がないのでしょう・・・

その原因は打撃投手時代にあるんです。

1993年3月21日福岡ドームで阪神とのオープン戦、試合前の打撃投手をしていた宮田正直さんの右側頭部に打球が直撃するアクシデントが発生しました。

外傷性くも膜下出血及び後遺症の高次脳機能障害を発症して記憶をなくしたのです。

お見舞いに来たチームメイトやコーチなどが訪れても名前が分からなかったといいます。また小中学校の時の記憶もないとのことです。

見事復帰され2008年まで打撃投手を務めて、現在は先乗りスコアラーをされてますが、記憶は戻っていないとのことです。アクシデント以前の記憶がないという感じのようです。

東邦セントの選抜決勝は9回まで勝っていて、宮田正直投手が急にストライクが入らなくなり、2アウトまで取ったのですが、サヨナラで敗れてしまったという球史に残る試合でした。

おかしな話ですが、宮田正直さんの記憶にはなく、私たち高校野球ファンの記憶には今でも鮮明に残っております・・・

番組では元木大介さんも出演し、宮田正直さんのアクシデントについて涙ながらに語るとのことです。

元木大介 現在2017の仕事は?車椅子って何?嫁の大神いずみは?

大神いずみの子供の学校はどこ?野球はやっているの!?

宮田正直は結婚して嫁や子供がいるの?

現在46歳の宮田正直さんですが、ご結婚されて嫁や子供はいるのでしょうか?

気になって調べてみたのですが、全く情報がありませんでした。

分かり次第追記したいと思いますが、番組内で現在の私生活も何かわかるかもしれません。

現在の上宮高校野球部はどうなった?

ところで最近高校野球で上宮高校の名前を聞かなくなりましたよね?1997年の選抜甲子園ベスト4を最後に甲子園から遠ざかっています。

元木大介さん、種田仁さん、そして黒田博樹さんなどプロ野球やメジャーリーグで活躍したOBも輩出している野球部です。

気になって調べてみたのですが、監督が変わったりして徐々に勝てなくなったみたいです。

元木大介んさんらの時の監督は兄弟校の宮太子高校の監督になったり、選抜甲子園で優勝した時の田中監督は東大阪大柏原に移ったとのことです。

監督を慕って入学してくる中学生もいますから、監督が変わったことで有望な選手が集まらなくなったのでしょうか?

ネットには学校側が勉強の方に力を入れていて野球部にはあまり力を入れていないという情報がありました。

あくまで想像ですが、もしかしたら昔は推薦とかで優秀な選手を集めていて、現在はしていないというような事があるのかもしれません。
いずれにせよ大阪桐蔭が現在は黄金時代ですので、大阪の勢力図は変わっています。本当のことはわかりませんでした。
現在の上宮高校野球部は1回戦から3回戦当たりだとのことでした。
久々に甲子園で上宮高校のユニフォームを見てみたいと思います!

まとめ

宮田正直さん現在はホークスの先乗りスコアラーの仕事をされています。

記憶障害の原因は打撃投手をしていた時にライナー性の打球が直撃するというアクシデントが原因です。

宮田正直さんが結婚されているかといった情報は全くなく、現段階では分かりませんでした。この件に関してはわかり次第追記します。

元木大介 現在2017の仕事は?車椅子って何?嫁の大神いずみは?

大神いずみの子供の学校はどこ?野球はやっているの!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする