西川僚祐(東海大相模)出身シニア・中学時代の経歴!【ドラフト2020候補】

今回は1年生ながら名門東海大相模の4番を打つ西川僚祐(にしかわ・りょうすけ)選手の出身中学シニア時代経歴をお伝えしていこうと思います。

西川僚祐選手は中学時代から注目される選手で進路も注目されておりましたが、東海大相模に進学し、夏の甲子園予選の3回戦で場外にスリーランホームランを放つなど早くも頭角を現してきました。

それでは西川僚祐選手を詳しく紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

西川僚祐の出身シニアや中学時代の経歴

まずは西川僚祐選手のホームランをご覧ください!ボールがピンポン玉のようにレフト場外へ消えていきました。ものすごい打球の速度と飛距離です。これで1年生というのだから信じられませんね!

【西川僚祐の経歴】

名前:西川僚祐

出身:千葉県

出身中学校:古和釜中学校

出身シニア:佐倉シニア

身長:185㎝

体重:95㎏

ポジション:外野手(左翼手)

好きな選手:柳田悠岐選手(ソフトバンク)

西川僚祐選手は小学校1年生の時に軟式野球を始め、中学時代は佐倉シニアに所属。注目された進路は東海大相模に進学し、1年夏から背番号15でメンバー入り。

【中学(シニア)時代】

西川僚祐選手の中学時代はこんな感じで活躍しておりました。中学生で東京ドームの逆方向にホームランって・・・・

凄すぎますね!まさにスラッガーという呼び方がふさわしい選手ですね!それでは学時代の経歴をご紹介します。

しかも打った投手は小山シニアのエースで世代ナンバーワン投手ともいわれ大阪桐蔭に進学した仲三河優太という好投手なんです!!

中学時代は名門佐倉シニアに所属(主将で4番)し、以下のような成績を残しています。

2015 リトルシニア日本選手権(2回戦)

2015 ジャイアンツカップ(ベスト8)

2016 リトルシニア日本選手権(2回戦)

2016 ジャイアンツカップ(ベスト4)

2017 リトルシニア全国選抜大会(優勝)

2017 リトルシニア日本選手権(準優勝)

2017 ジャイアンツカップ(優勝)

これだけの選手ですので、以前より西川僚祐選手の進路が注目されておりました。大阪桐蔭や日大三に行くのではないかといった憶測もあったようですが、東海大相模に進学して今回の活躍です。

西川僚祐の家族(父親・母親・兄弟)は?

この様に1年生ながら東海大相模の4番を打つ西川僚祐選手ですが、どんな家庭で育ったのか気になりますよね?

ご両親もスポーツで活躍した人とかだったら、西川僚祐の活躍もうなずけます。

そう思って西川僚祐選手の家族に関する情報がないか調べてみましたが、現段階では情報がありませんでした。

これから活躍すると思いますので、家族に関する情報も出てくると思いますので、その時は追記したいと思います。

まとめ

西川僚祐選手は中学時代は名門佐倉シニアで活躍し注目されており、進路が注目されておりました。また、西川僚祐選手の父親や母親といった家族情報は現段階ではありませんでした。

公式戦1号を放った西川僚祐選手ですが、今後どれだけホームランを打つのか楽しみな選手です。

既に清宮以上という声も聞かれます。100回目となる夏の甲子園2018に出場して全国にその強打を見せてほしいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする