マダラロリカリア(危険生物)の天敵はTOKIOの鉄腕ダッシュ?

皆さんマダラロリカリアという魚をご存知ですか?熱帯魚に詳しい方でしたらプレコと言ったらピンとくると思います。

実はこのマダラロリカリアは外来種なのですが、沖縄の川で繁殖してしまって問題となっているといいます。

そこで今回はマダラロリカリア(プレコ)にスポットを当てていきたいと思います。

スポンサーリンク

マダラロリカリア(外来種)とは?

マダラロリカリアは南アメリカアマゾン川マデイラ支流が原産地のナマズ目の淡水魚です。鎧をまとったような姿が特徴的で日本では観賞用として人気があります。

南米原産ということもあって水温15℃以下では生息できない。日本ではペットとして飼育されていたものが放流されたものが沖縄の川で繁殖して生態系に影響を与え問題となっている。

なぜ沖縄かというと沖縄の気候です。他の地域では冬場など水温が15度以下になるので、生息できない為です。

そんなマダラロリカリアは温かい沖縄の川では向かうところ敵なしです。それもそのはず堅い鎧のようなものでおおわれているので、もともといた沖縄の川の魚たちでは歯が立ちません。

マダラロリカリアは石に生えたコケや口に入るような生物も食べます。在来種とエサの競合が起こる可能性が考えられます。

温暖な沖縄の川では天敵がいなく、ペットとして買われていて捨てられた個体が増え続けています。天敵はワニなのですが、沖縄にはいません。

このマダラロリカリアの捕まえ方は簡単で、川に入って普通に手で捕まえることが出来ます。ほとんど逃げませんので投網とかを使えば大量に捕獲できます。

天敵はTOKIOの鉄腕ダッシュ!?

先ほどこの南米原産のマダラロリカリアに天敵はいないと説明しました。誰かが駆除しない限り増え続けます。

実は「ザ!鉄腕!DASH!!」で、新企画で日本に住み着いている厄介な外来種を食べるという企画の「グリル厄介」が放送されました。

マダラロリカリアを現在飼育している視聴者からは「プレコを食べるとは何事だ」という批判があったといいます。

現在表立って駆除が行われていないマダラロリカリアですが、鉄腕ダッシュでTOKIOの名が接智也と城島茂がグリル厄介で捕獲したことからマダラロリカリアの天敵はTOKIOの鉄腕ダッシュだなんてTwitterでつぶやかれました。

ちなみに食べた感想は食感は肉みたいだが、わりにおいしいといっていました・・・

まとめ

ペットとしては200円程度で購入できますが、大きくなると70㎝にもなるといいふつうんオ水槽では飼育が困難になるといいます。

飼育できなく名手処分に困り、川へ放流するのは非常に無責任ですよね?飼育する前によく勉強しないとペットも不幸な結果となってしまいます。

ペットを大切に思うなら日本にいる在来種も大切に思えるはずです。今回のTOKIOのグリル厄介はこの問題を考えるいい機会だったのではないかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする