清水広貴(野球)の経歴や鍼灸院の場所や評判は?

今回は4月26日の「激レアさん」に出演の清水広貴さんの出身高校や大学といった経歴や鍼灸院の場所や評判について調査してみました。

清水広貴さんはプロ野球選手を目指して台湾、アメリカ、オーストラリア、カナダ、中国と渡り歩いた方なんですよ!

いったいどんな方なのでしょう・・・

スポンサーリンク

清水広貴の経歴(出身高校&出身大学)

名前:清水広貴

出身:神奈川県横浜市

年齢:44歳(1978年1月18日生まれ)

出身高校:光陵高校

出身大学:横浜国立大学

清水広貴さんはプロ野球選手を目指して海外を渡り歩きましたが、プロ野球選手になろうと思ったのは高校野球で敗退した時でした。

清水広貴さんの出身高校は神奈川県立光陵高校ですが、なんと偏差値を調べてみたところ67という進学校に通っていました。

当初入学当時は柔道部に入部したのですが、受け身が痛かったというkとで野球部にてんぶしています。

3年生の夏は神奈川県大会2回戦で敗退しています。神奈川県といえば参加校が多く、東海大さが気や横浜高校などの強豪校がおり全国屈指の激戦区ですので、勝ち抜くのは大変だと思います。

プロ野球選手を意識した清水広貴さんは横浜国立大学に進学し野球を続けます。同期に元オリックスの北川智規選手がいます。

大学入学後清水広貴さんはジムと契約して筋肉ムキムキになりホームランを放つようになり2年秋に4番を務めます。しかし3年4年と結果が出せなくなったのです。

大方の学生であれば就職活動をすると思いますが、清水広貴さんはなんと台湾の球団に「お金はいらないので練習生として雇ってほしい」と手紙を書いて台湾に渡ります。

当然門前払いとなりますが、その後も手紙を書いて雇ってもらいます。ですが雑用でだったので練習生にしてほしいと球団と交渉を続けました。

ですが監督から「練習生のお前が練習すると他の選手が嫌がる」といわれた清水広貴さんは選手を集め練習しいぇも良いという署名活動をします。しかし提出する前にばれて球団を解雇されてしまいます。

普通ならここで心が折れてしまいそうなものですが、清水広貴さんはアメリカの独立リーグのトライアウトを受けるの不合格、オーストラリアのサマーリーグに参加するも主力打者の打席時ホームスチールを敢行し激怒されます。

ここでも清水広貴さんはめげません!

その後カナダで新しく発足したリーグで見事トライアウトに合格してプロ野球選手となったのです。

実はこのトライアウトの時航空券が球団の手違いで届かなかったのです。遅れていったものの既にロースター枠は埋まっていました。

契約が取れなかった清水広貴さんは観客席で見ていましたが、ジャージとアップシューズという姿でフェンスを飛び越えベースランニングで俊足をアピール。翌日不憫に思ったコミッショナーが別のチームのトライアウトを紹介してくれ受験。受験後もファミリーレストランの駐車場で素振りをしている清水広貴さんを首脳陣が見かけ、契約してもらいプロ野球選手になったのです。

清水広貴の鍼灸院の場所や評判は?

その後再びオーストラリアでプレーし、その後中国の視線ドラゴンズでもプロ野球選手として契約しました。

鍼灸マッサージ師の資格を取得してアメリカの独立リーグでアシスタントトレーナーをしたのち川崎市の鍼灸院で働いています。

きっかけはというと中国の選手生活で野球よりも体の仕組みや構造などの方に興味を持つようになっていたといいます。

そして現在は鍼灸マッサージ師として独立されているとのことです。場所や評判について調べてみたのですが、情報がありませんでした。

私と同様調べている人がいるみたいで「清水広貴 鍼灸」という検索候補が出てきます。もしかしたら、個人でどこかのチームに帯同するような感じなのでしょうか?

もしかしたら「激レアさん」で明らかになると思いますので、チェックしてみたいと思います。様々なリーグで野球をやってきた清水さんですからスポーツ選手などのケアには強いかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました