水陸機動団とは?訓練内容や給料・手当も気になる

5月8日放送の「沸騰ワード10」はカズレーザーさんが水陸機動団に潜入します。自衛隊の精鋭部隊の水陸機動団とは・・・

 

ということで皆さんは自衛隊の水陸機動団って知っていますか?私はレンジャー部隊などは知っていますが水陸機動団って知りませんでした。

 

ということで今回は自衛隊の水陸機動団について調べてみました!

スポンサーリンク

水陸機動団とは?

まず初めに水陸機動団とはいったいどういった部隊になるのかについてお伝えします。

 

水陸機動団(すいりくきどうだん)は2018年3月27日に陸上自衛隊に新編された部隊で団本部は長崎県佐世保市の相浦駐屯地に設置されています。

 

今世紀初頭中国が軍事力増大したのに伴い、日本の尖閣首藤周辺の領海侵犯をするようになり、尖閣諸島も中国の船艇の上陸訓練の対象になっていることなどから編成された。

 

平たく言うと尖閣諸島に中国がちょっかいを出してくるので、それから日本の領海を守るためにへ精されたというのが経緯です。

 

水陸機動団は離島防衛に重点を置いた部隊です。

 

当初水陸機動団という名前から陸上自衛隊と海上自衛隊の精鋭が集まる部隊かと思いましたが、陸上自衛隊ということでした。

 

水陸機動団を知らない方もいると思いますが、できて間もない部隊でした。

水陸機動団の訓練とは?

水陸機動団はこれから日本の領土を守る重要な任務を遂行する自衛隊の精鋭部隊ということで、どんな訓練をされているのか気になりますよね?

 

水陸機動団の隊員たちは精鋭ということですが、いったいどんな訓練をされているのでしょうか?

 

新しい部隊ということで情報は多くないのですが、海岸から10km程度離れた沖合いからゴムボートを使って水路潜入したり、ヘリコプターによるヘリボーンで島々を移動するとされている。

 

川で魚を釣り、時にヘビやニワトリ、蛙といった動物を捌く生存自活訓練も行なう。降下訓練だけでなく、木々の間を這って移動したり、崖を昇り降りするためのロープを使った訓練も日常的に行なわれる。

 

かなりサバイバルな感じがしますが、私は耐えれません。頭が下がります・・・

  

番組で隊員の日常的な部分も放送されると思いますので、こういった部分も紹介してくれるといいですね!

 

見るからに過酷そうな訓練です・・・

 

この様に訓練をしているということを公開することは、中国をけん制することにもなると思います。

水陸機動団の給料や手当は?

日本の離島防衛をされている水陸機動団の隊員の給料や手当を聞くのはちょっと気が引けますが、今後自衛隊員にと考えている方もいると思い調べてみました。

 

水陸機動団の給料については正確なものはわかりませんでしたが、7割がレンジャー隊員という情報もありますので、陸上自衛隊レンジャー隊員の給料を見てみましょう。

・ 一般曹候補生は約16万円

・大卒の 幹部候補生の初任給は学部~博士課程卒が約22万~24万円

これに年二回のボーナスと昇給があります。

 

次に第一空挺団のような特殊手当は水陸機動団にはあるのかという事ですが、これはないようです。(確実な情報がありませんでした。間違っている場合は訂正します。)

おわりに!

日本の離島・領海を守る水陸機動団の役割はこれからますます重要になってくると思いますので、頑張っていただきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました