高松まつり2018花火大会の穴場スポット&船からの観覧方法・料金について!

今回は2018年8月12日(日)~14日(火)の日程で開催されるさぬき高松まつり2018花火大会穴場スポット観覧船から見る方法についてお伝えします。

高松まつりは四国を代表する夏祭りで、総踊り、花火大会、カラオケなど盛りだくさんのイベントがあります。

高松まつりの花火大会はどんどん高松といわれ、高松まつりの2日目に行われますので行く日を間違えないようにしてくださいね!

スポンサーリンク

高松まつり2018花火大会の穴場スポット

高松まつり2018花火大会日程時間場所は以下の通りとなっています。

日程:8月13日(月)

時間:20:00〜20:50

場所:サンポート高松北沖合海上

観覧場所:サンポート高松

打ち上げ数:8,888発

高松まつり2018花火大会はサンポート高松が観覧場所となっており、ここから見る花火は圧巻です!

とはいえ混雑を避けて花火をゆっくり鑑賞したいという人も多いかと思います。ということで高松花火大会の穴場スポットをご紹介します。

【高松まつり2018花火大会の穴場スポット】

イオン高松の屋上広場

場所:香川県高松市香西本町1−1 イオンモール高松

穴場と言っても人気スポットです。ショッピングモールということでトイレもあり、飲食しながら観覧できるところがポイントです。早めに行きましょう!

高松競輪場駐車場

場所: 香川県高松市福岡町1丁目4−46

昨年までは臨時駐車場となり、地元の方が多く観覧していますので早めに行くことをお勧めします。2018年は確認していませんので、確認してみて下さい。

高松市峰山公園展望台

場所: 香川県高松市峰山町1838−37

460台駐車できる駐車場もあるので、車で行かれる方におすすめです。花火もそうですが、高松市の夜景が見れるのでお勧めです!またキャンプ場もあります!

以上が無料で見れる高松まつり2018花火大会の穴場スポットですが、結構有名になっていますので、混雑が予想されます。

混雑を避けたい人におすすめの穴場スポットとして、城東町の岸壁や新北町当たりだと会場からも離れているため混雑していませんし、花火もきれいに見えると思います。

高松まつり2018花火大会を船から見る方法

どんどん高松花火大会をチャーター船から見ることができるんです。ある意味超穴場スポットといえます。

8,888発の花火と船の特等席からまじかに見ることができるんですよ!ではどうすれば船から観覧できるのかですよね?

【船から高松まつり2018花火大会を鑑賞する方法と料金】

大人(中学生以上):6,900円

中人(小学生):5,900円

小人(3才~未就学児):1,900円(食事なし)

幼児(~2才):500円(食事なし)

この様なツアーが販売されています。上記はあなぶきトラベルのツアー内容です詳細は以下のサイトで確認してみて下さい!

https://www.anabukitravel.jp/kagawa/index.php

また、高松まつり公式サイトでも有料特別観覧席や特別観覧船の情報が告知されますので、以下のサイトをご覧ください。

http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/smph/kanko/takamatsumatsuri/matsuri.html

ちなみに現段階では有料観覧席情報は発表されましたが、特別観覧船の情報はまだありませんでした。

有料観覧席は窓口優先販売ですので、電話販売の前に売り切れる場合があります。またチケットぴあ、セブンイレブンでも6月18日から販売されます。

無料の穴場スポットもいいですが、ゆっくり見たい方は有料観覧席もいいと思いますよ!

まとめ

2018年の高松まつりの花火大会「どんどん高松」の穴場スポットはイオン高松の屋上、高松競輪の駐車場、高松市峰山公園展望台が有名です。

今座右が苦手な方は過剰から離れた北新町や城東町の岸壁に行ってみるのもいいかと思います。

有料観覧船についてはトラベル会社のツアーを検索するか公式サイトで確認すれば方法がわかります。

以上が高松まつり2018花火大会の穴場スポットと観覧船から花火を見る方法についての情報となります。

あなたはどのスポットで花火を鑑賞しますか!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする