山田龍聖(高岡商業)の出身中学や経歴!スカウトの評価&ドラフト2018で指名なるか?

今回は2018ドラフト候補として富山県の高岡商業のエース・山田龍聖投手の出身中学といった経歴(プロフィール)スカウトの評価をまとめていきたいと思います。

高岡商業山田龍聖投手は速球派のサウスポーで、最速148kmの速球を投げる投手です。

左投げの速球は投手は久々といった感じがします。やはりプロのスカウトも注目しておりました。

それでは高岡商業山田龍聖投手のこれまでの球歴から見ていきましょう。

スポンサーリンク

山田龍聖の出身中学と経歴(プロフィール)

名前:山田龍聖(やまだ・りゅうせい)

出身:富山県氷見市

身長:182㎝

体重:80㎏

出身小学校:氷見市立窪小学校

出身中学校:氷見市立西條中学校

高校:高岡商業高校

山田龍聖投手は小学4年の時にスポーツ少年団で軟式野球を始め、西條中学校時代は軟式野球部でプレーし、エースで4番。中学校時代の球速は133kmで注目されていた。

高校は富山県の名門高岡商を選択。1年秋からベンチ入りしており、この頃最速143kmを記録している。

2年春に高岡商業はセンバツに出場(初戦敗退)したが、登板はなかった。続く夏もチームは甲子園に出場。

2年夏の富山県予選では、5試合中3試合に登板し、決勝では先発完投をしている。

山田龍聖投手は初戦で登板し最速143kmを記録するも、コントロールが不安定で1.1回6失点で降板した。

2年秋の新チームでは2枚看板の一人として27.2回を投げて42奪三振と好投した。チームは北信越大会初戦で敗退した為、選抜甲子園の出場はならなかった。

ドラフト候補2018として注目されている投手を見ると、軟式野球出身者が結構多いです。現在リトルシニアやボーイズと硬式をプレーして強豪校へ行ってプロを目指すみたいなのが主流ですが。

必ずと言っていいほど甲子園やプロを目指すなら硬式だという意見があります。ですが私の経験からも投手は硬式、軟式はあまり関係ないと思います。

軟式でも硬式でも良いものは良い、ダメというだけの話ですね!

良くネット上で軟式野球を馬鹿にする発言などを見かけますが、あまり野球をわかっていない人の意見だと思いますね。

山田龍聖(高岡商業)スカウトの評価!

プロ12球団のスカウトが山田龍聖投手を視察に北信越大会に訪れたといいます。気になるスカウトの評価はどんなものなのでしょうか?

巨人・木佐貫洋スカウト

「僕は投げるだけだったが、バッティングもいいし脚力もある。運動能力が高い。」

日ハム・熊崎誠也スカウト

「日本を代表する左腕になれる素材。去年よりもよくなるために、自分で乗り越えてほしい。」

ロッテ・永野良成チーフスカウト

「空振りは、ボールがバットの上を通っている。ストレートの質がよく、将来性がある。」

ヤクルト・伊藤昭光編成部長

「素直な投げ方で、スピンのきいたストレートがいい、機会があればまた見たい。」

中日・中原勇一スカウト

「秀岳館の田浦投手に匹敵するほどの左投手。スピードボールに期待しています。」

現役時代一軍で活躍した元投手のスカウトも高評価をしております。速球派の左腕として素材は間違いないようですね?

もし夏の甲子園2018に出場して活躍すれば、2018ドラフトで上位指名される可能性もあるのではないでしょうか?

山田龍聖投手は注目されることに対し、「プロに行きたい気持ちもあります。評価はうれしいですが、自分としては甲子園にいきたい。そのことだけを考えています。」この様に言っております。

昨夏の甲子園の借りを返したいというのもあるのではないでしょうか?今後の山田龍聖投手の活躍と進路に注目です。

まとめ

高岡商業山田龍聖投手はスピンのきいた最速148kmの将来性豊かな本格派左腕投手です。課題はコントロールや変化球か?

出身中学は地元の氷見市立西條中学校で軟式野球部出身。各球団のスカウトが注目する逸材。

それにしても148kmとは速い!この夏150kmを超えるのではないでしょうか?2018年夏の高校野球のサウスポーは高岡商業山田龍聖投手に注目です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする