吉田輝星(金足農業)の出身中学や経歴!2018年U18・ドラフト候補

金足農業の2018チームのエース・吉田輝星よしだ こうせい投手の出身中学経歴についてお伝えしていきます!

吉田輝星投手は、2018年ドラフト候補であるとともに高校生日本代表 U 18の候補にも挙がっております。

そこで今回は、吉田輝星投手はどんな選手なのか 出身中学やこれまでの経歴を振り返ってみたいと思います!

スポンサーリンク

吉田輝星(よしだ こうせい)の出身中学等経歴

出典:https://twitter.com/msystu

名前 吉田輝星(よしだ こうせい)

出身 秋田県潟上市

出身小学校 潟上市立天王小学校

出身中学校 潟上市立天王中学校

高校 秋田県立金足農業高等学校

【球歴】

天王小学校3年生 の時から スポーツ少年団の天王ビクトリーにて軟式野球を始める。

天王中学校時代は軟式野球部に所属し、 3年生の夏に秋田県大会ベスト4に進出。

高校は 金足農業高校 OB で投手であった父の吉田正樹さんを追って強豪の金足農業高校に進学。

金足農業入学後は、1年夏から背番号20でベンチ入り。

秋の新チームより背番号1で金足農業高校のエースとなる。

2年夏の甲子園予選では最速144 km を記録し10年ぶりの決勝進出の原動力となったが明桜に敗れ甲子園出場はならなかった。

2年秋は地区大会で秋田工業戦で10奪三振で参考記録ながら5回ノーヒットノーランを記録。

3年生となり春季大会では、19年ぶりに優勝し、東北大会14年ぶり14度目の出場。

東北大会では岩手県第2代表の専大北上と対戦し、17年ぶりの勝利を挙げたが、 続く宮城県第一代表の東北高校に3対0で敗れた。

甲子園出場経験無し

吉田輝星2018年のU 18ドラフト候補に!

東北ナンバーワン右腕としてプロ野球のスカウト達から 2018年のドラフト候補として注目されている吉田輝星ですが、 2018年6月20日に発表された U 18高校生日本代表候補 第1次候補30人に選ばれた。

吉田輝星投手はU 18第一次候補に選出されるも、今は夏のことだけを考えているとコメント。

吉田輝星投手の金足農業高校は、 夏の甲子園2018秋田県大会を第一シードで向かえます。

組み合わせが決まったのですが、 甲子園に行けるかは、同じくドラフト2018候補の山口航輝投手のいる明桜高校との一騎打ちになりそうな展望です。

明桜高校は関西からの野球留学生を積極的に受け入れ、昨年秋田県大会を勝ち抜きました。

輿石監督による相手校の研究や対策などもありますので、厳しい戦いが予想されると思います。

雑草軍団金足農業高校野球部の久々の甲子園出場になるのか期待したいと思います。

吉田輝星投手が甲子園のマウンドで投げる姿を見てみたいですね!

吉田輝星投手の評価

吉田輝星投手の各方面の評価を 見ていきたいと思います。

吉田輝星投手がどれだけ期待できる投手なのかは、 春季高校野球東北大会2018で対戦した専大北上の中尾監督のコメントに現れております。

中尾監督は元巨人で桑田真澄投手とバッテリーを組んだこともある人物です。

その中を監督は、吉田輝星投手を次のように評価しております。

例えるなら桑田真澄投手。制球、牽制フィールディング全てが良かった。

高校生では見たことがない。 野球センスがずば抜けている。

元プロの人物がこのように評価しているということは相当な投資ということではないだろうか?

確かに最速147 km という速球もありますが、 今の高校生であればそれほど珍しくない球速です。

ですが、いくら球が速くても活躍できない投手は、沢山いるのではないでしょうか?

しかし、吉田輝星投手は投手の要素で大切なフィールディング、制球、牽制と言ったトータルで高評価を得ております。

元プロの方がここまで言う吉田輝星投手の夏、ぜひとも注目したいですね!

普通、元プロが一人の高校生に対してここまで言う事ってあまりないのではないでしょうか?

また、プロ12球団のスカウトも吉田輝星投手視察に訪れており、 注目度の高さが伺えます。

まとめ

吉田輝星(金足農業高校)

右投げ右打ちの投手

最速147km

特長は追い込むまでは打たせて取るピッチングで、追い込んでからは三振を取るといった硬軟自在のピッチング。牽制、フィールディングもよい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする