ANAダイヤモンド会員になるには?条件と特典をわかりやすく!

ANAダイヤモンド会員(ダイヤモンドサーイスメンバー)になるにはどんな条件があるのかや特典はどんなものなのかリサーチしてみました。

 

まずANAダイヤモンド会員について説明しますね!ANAマイレージクラブには3段階あるんです。

 

順にブロンズ会員、次にプラチナ会員、そして最上級ステータスのダイヤモンド会員です。

 

ステータスに応じた会員サービスが受けられるという訳です。ダイヤモンド会員の得点については後ほどお伝えしますね!

 

ではANAダイヤモンド会員になるにはどんな条件があるのでしょうか!

スポンサーリンク

ANAダイヤモンド会員になる条件

ANAマイレージクラブでダイヤモンドステータスになるには以下の条件をクリアする必要があります。

 

ANAマイレージクラブのステータスは毎年1月〜12月で獲得したプレミアムポイントによって翌年のステータスが決定します。

 

ここで注意ですがプレミアムポイントというのはショッピングでたまるマイルとは別になります。

 

ANA便に搭乗しなけらばたまらないフライトポイントです。(ANAグループ便も可)

 

ANAダイヤモンド会員のステータスに必要なプレミアムポイントは10万ポイントです。

 

プレミアムポイント100,000を達成するには並大抵のフライトではたまりません。

 

実はダイヤモンド修行といわれています・・・

 

プレミアムポイントですが、このようにして計算されます。

区間マイル×積算率×路線倍率+搭乗ポイント 

路線倍率は海外が1倍。東南アジア・オセアニアが1.5倍で国内が2倍です。青と登場ポイントというのは運賃と登場クラスで決まります。

 

ただ近場をのフライトをしただけでは到底たまりません。ある程度距離のあるフライトを何回もしなければたまりません。

 

また国内線だとまた国内線だとプレミアムクラス、国際線でビジネスクラスに登登場して登場ポイントを稼がないと厳しいかと思います。

 

なので東南アジア・オセアニアがプレミアムポイントがたまりやすい路線となっています。

 

めでたくダイヤモンド会員になったとして、期間はいつまでなのかというと1年間です。

 

仕事で何回も飛行機を使う人などは可能性があると思いますが、一般の生活をしていてダイヤモンドステータスになるというのは現実的に厳しいかと思います。

ANAダイヤモンド会員の特典は?

ANAダイヤモンド会員になる条件を見て大変だと思ったと思われますが、それだけあって特典もすごいんです!

 

ANAスイートラウンジが利用できる

羽田空港、伊丹空港、那覇空港 国内線最高峰といわれるANAシートラウンジが利用できます。プラチナ会員やフライヤーズカードの人も利用できるのですがダイヤモンド会員にしか利用できないサービスがあります。

 

国内線が優先して登場が出来る

優先チェックインカウンターを利用できまるので、列に並ぶ必要がなく容易に登場できます。

 

マイル積算率が違う!

1年目の積算率が115%、更に2年目は125%で通常のマイルに加えてもらえるのです。ANAゴールドカードがあれば5%プラス。

 

手荷物が優先で取り扱ってもらえる

ダイヤモンド会員はANAグループ便で一番先に手荷物を取り扱ってもらえます。専用のタグがつけられます。ですので、優越感に浸ることができると思われます。

 

選択式の特典がもらえる

ANA SKY コイン
60,000コイン
※2万円分の機内販売クーポンもしくはANAスイートラウンジ利用券6回分もプレゼント


アップグレードポイント
12ポイント
※2万円分の機内販売クーポンもしくはANAスイートラウンジ利用券6回分もプレゼント


ミシュラン星レストラン
ミシュラン星を獲得した国内および海外のレストラン(約50店舗)の中から1店舗を選べる
※2万円分の機内販売クーポンもしくはANAスイートラウンジ利用券6回分もプレゼント

IHG・ANA・ホテルズグループ
IHG・ANA・ホテルズグループの宿泊とお食事
※2万円分の機内販売クーポンもしくはANAスイートラウンジ利用券6回分もプレゼント


ビジネス&トラベルリビングアイテ

ビジネス・旅行・日常を彩る厳選アイテムを1品選べる
※2万円分の機内販売クーポンもしくはANAスイートラウンジ利用券6回分もプレゼント


自然保護
サンゴ再生プロジェクトとして、ANAがユーザーに代わってサンゴを植え付ける


コンシェルジュ
「クラブ・コンシェルジュ」の会員資格1年分とバースデーギフト
※通常入会費20万円・年会費18万円相当

 

おわりに!

ということで今回はANAダイヤモンド会員になるための条件と得点についてお伝えしてみました。

 

よく飛行機を利用していて、まだANAダイヤモンド会員になっていないという方は、ダイヤモンド修行をしてみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする