マーファライトとは?正体・原因を調査!日本からの行き方!

今回は「マーファライトの正体(原因)とは?」ということでアメリカのテキサスで観測されるマーファライトについてお伝えしてきたいと思います。

何でもネットでわかってしまう今の時代にあっても、まだまだ不思議な現象ってあるもんですね

マーファライトが気になる人は続きを!

スポンサーリンク

マーファライトとは?

皆さんはマーファライトという怪光現象を知っていますでしょうか?

マーファライトとはアメリカのテキサス州マーファで見られる発光体のことで、簡単に言うと火の玉現象です。

マーファライトはバスケットボール程の大きさで、夕方から夜間にかけて目撃されています。色はオレンジや白の場合が多いといわれますが、緑や青の場合もあります。

周りが砂漠や荒野で光源がないのに起こるこの発光現象はこれまで幽霊やUFO、ウィル・オ・ジ・ウィスプなどの超常現象と考えられてきました。

夕方から夜間に見られるという事ですから自動車のヘッドライトとかじゃないのかと思う方もいらっしゃると思います。

ですがマーファライトが初めて確認されたのは、1883年でロバート リード エリソンという若い牛飼いが

1883 年に若い牛飼いのロバート リード エリソンがパイサノ峠で牛を運転しているときに地平線にちらつく光をを見たのです。

マーファライトは自働車が走る前から見られていたのです。当初ロバートは現地のアパッチ族の野営の火なのかと思って馬に乗ってマーファライトが光っていたあたりを見て回りました。

しかし、灰なども無く火を燃やした痕跡は全くなかったのです。

マーファライトはその後も現在に至るまで目撃され続けています。

現在では国道67号または国道90号沿いに観測ポイントが設置されており、夜間になると大抵の場合マーファライトを見ることができます。

マーファライトの正体・原因とは?

何ともミステリアスなマーファライトという現象・・・

21世紀となった現在でもその正体や原因は改名されていないのでしょうか?

この様なミステリアスな現象を放っておくはずがありません。ましてアメリカですから必ず解明しようとしているはずです。

そこでマーファライトの正体・原因について調べてみましたのでご覧ください!

大気反射

2004年にテキサス大学ダラス校物理学生協が自動車のヘッドライトによるものと結論付けています。

理由はルート67号線を走る自動車の光がマーファライトが見える場所から見えるというもので、4日間にわたって交通監視装置、双眼鏡、追跡車等を使って観測。

その結果、マーファライトは自働車の通行頻度と相関しており、ライトを点滅させるとマーファの光のように見え、自動車が停車している車を追い越すと別の光が追い越しているように見えたのです。

なのですべてのマーファライト現象のほとんどは自働車の辺土ライトが大気反射によって送るものといえるとしています。

しかし皆さんは「最初に自動車が走る前からマーファライトが見られているといっていましたよね?」と思われますよね!そうなんです。私もそう思って調べてみました。

水素プラズマ泡?

マーファライトの大部分は人工的な光源によるものといえるようですが、中にはそれでは説明できないマーファライトがあります。

フロイントの電磁以上または高温マグマによって地下深く生成された水素プラズマ泡の可能性があるという考えもあります。

断層帯を通て地表に出て酸素と化学反応を起こし、発光するというものです。

まだ自動車がはしていないときに家訓んされたというマーファライトはこちらが原因で起こったⅯのなのではないでしょうか?

マーファ 日本からの行き方は?

マーファに行くには最寄りのエルパソ空港に行かなければなりません。そしてそこから車で3時間ほど走らなければなりません。

残念ながら日本からの直行便がないため、アメリカ大手航空会社のデルタ航空やアメリカン航空の乗り継ぎ1回でいくのが最短みたいでした。

マーファには車でしかいけない為、レンタカーを借りて3時間運転という感じになるかと思います。マーファは沙漠のど真ん中にあるようなところです。

まとめ

アメリカテキサスで観測されるマーファライトの正体・原因は多くは自動車のヘッドライトが大気反射したものですが、それがすべてではなく水素プラズマ泡が原因で起こる自然現象もあるのではないかと考えられています。

今回はあくまで私個人が現在言われているものを調べてまとめたものですので、他の理由や間違っている場合は教えてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました