明徳義塾野球部2018メンバーの出身中学&注目選手

今回は高校野球の強豪校の明徳義塾高校野球部2018のメンバーと注目選手についてお伝えしていきたいと思います。

明徳義塾高校野球部と言えば、春夏とも毎回更新に出場しています。新チームも高知大会を順調に勝ち上がっており、2018年春のセンバツに出場する可能性が高いのではないでしょうか?

秋季大会も順調に勝ち上がっている明徳義塾。メンバーはどのようになっているのでしょうか?

スポンサーリンク

明徳義塾野球部2018メンバーの出身中学

1 市川悠太 3年 高知市立潮江中(高知)中学軟式

 2 安田 陸 2年 明徳義塾中学 (高知)中学軟式

 3 渡部颯太 3年 松山北中学  (愛媛)今治ボーイズ

 4 保市勇平 3年 東我孫子中学校(大阪)住吉大和川シニア

 5 田中 闘 3年 天理市西中  (奈良)橿原磯城シニア

 6 狐渕太陽 3年 さぬき市志度中(香川)高松レイダース

 7 眞鍋 陸 3年 明徳義塾中学 (高知)中学軟式

 8 中隈廉王 3年 宇治市宇治中 (京都)京都木津川シニア

 9 谷合悠斗 3年 岡山市妹尾中 (岡山)岡山メッツ

10  孫入 陸 3年 五條氏五條西中(奈良)橿原ボーイズ

11  林田大成 2年 福知山市日新中(京都)

12  服部遼馬 2年 明徳義塾中学 (高知)中学軟式

13  藤森涼一 3年 大阪市八坂中学(大坂)大阪八尾ボーイズ

14  庄野太喜 3年 宇治市西氏中 (京都)京都木津川シニア

15  柳田 晟 3年 下関市豊洋中 (山口)飯塚ボーイズ

16  池田惇希 3年 太子町太子中 (兵庫)瀧野ボーイズ

17  前田真基 3年 摂津市第二中 (大坂)西淀ボーイズ

18  徳永快人 2年 河内長野千代田(奈良)河南シニア

19  小泉航大 2年 明徳義塾中  (高知)中学軟式

20  山田圭祐 2年 大坂加美中  (大坂)藤井寺ボーイズ

秋季高知県大会のメンバーを新学年で書いています。大会によってメンバーが入れ替わる 可能性があります。

明徳義塾高校のメンバーを見ると、近畿圏を中心に有望な選手が集まってきています。さらに一学年下の選手もベンチ入りしており、毎年新チームになっても強さを維持できているのがわかります。新チームも非常にバランスが良いメンバー構成となっています。

また、明徳義塾高校は私立の中高一貫校です。明徳義塾中学校には軟式野球部があり、全中の常連でこちらも中学軟式野球の強豪です。中学校も有望な選手が集まっており、そのまま高校にきて戦力となっています。

よく高校野球で活躍するには軟式より硬式という議論がネット上でも盛んにありますが、こうしてみると一概に硬式が有利とも言えないと思います。

そうじて才能のある選手は硬式だろうが軟式だろうがどちらでも関係ないということができると思います。

大阪桐蔭野球部2018メンバーの出身中学&注目選手!

注目選手

市川悠太

引用:やまチャンネル

中学の軟式野球部出身の市川悠太投手は最速143キロ。内角を突く強気のピッチングが特徴。球種はスライダー、チェンジアップ、ツーシーム。昨年夏の甲子園でもマウンドに上がっており、経験も十分。

明徳義塾のエースと聞くとシニアの日本代表みたいなイメージを持ちますが、市川投手は中学の軟式野球部出身です。先にも書きましたが硬式軟式の議論は不毛です。

番外編

明徳義塾中学校の軟式野球部が全国的な強豪であることはお伝えしました。現在明徳中学校の野球部には「ミライモンスター」という番組でも取り上げられた関戸康介君というすごい投手がいます。

小学校時代ですでに130キロを投げている凄い逸材です。明徳義塾高校に進むかはわかりませんが、もし進学すれば強いチームが出来るはずです。

聖光学院野球部2018メンバの出身中学&注目選手

まとめ

最近は明徳義塾、星稜、仙台育英といった中高一貫校は中学の段階で有望な選手をスカウトしています。

高校からではなく中学からチーム作りが始まっているとも言えます。このシステムなら高校進学時よりも有望な選手を早い段階で獲得できます。

今回はよく硬式か軟式かという議論が見られますが、明徳義塾のメンバーから一つの答えが得られると思いこの話題をあげました。

軟式ボールも新しい規格になり、より硬式に近く、従来の軟式球よりはずみにくくそして大きく重くなりました。今後は今よりも硬式と軟式の垣根が低くなると思います。

話がそれましたが、新チーム明徳義塾も期待できるチームだと思いますので、秋季大会の結果、選抜甲子園と注目していきましょう!

中央学院高校野球部2018メンバーの出身中学&注目選手

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする