門馬亮(藤岡中央)の出身中学やシニアの経歴!【ドラフト2018&U18候補】

今回は群馬県の藤岡中央高校野球部門馬亮もんまりょう投手の出身中学出身シニアといった経歴プロフィール進路を中心に情報をまとめていきたいと思います。

門馬亮投手はプロのスカウトが注目する投手で2018年のドラフト候補になっているほか、侍ジャパン高校日本代表アジア選手権U18の一次候補にもなっています。

門馬亮投手の藤岡中央高校は今春のセンバツ甲子園の21世紀枠関東・東京地区の最終候補になりましたが、惜しくも選出されませんでした。

個人的に21世紀候補になった時に、門馬亮投手が気になっていたので、今回夏を前に記事をかきました。

もうすぐ夏の甲子園2018の予選が始まりますが、今度は実力で甲子園に行くと誓っているといいます。

複数のプロ球団のスカウトが注目しているという藤岡中央高校門馬亮投手はどんな選手なのでしょうか皆さんチェックしてみましょう!

スポンサーリンク

門馬亮(藤岡中央)の出身中学&シニアなど経歴

門馬亮投手のピッチング動画ですが、ボールがギュイーンといったふうにミットまで伸びていく感じがして、ボールに力というか威力がありそうな感じがします。

右投げ右打ちの投手で最速142kmの直球の他スライダー、カーブ、チェンジアップ、スプリット、カットボール等があるり、変化球も多彩で奪三振率が高い。

名前:門馬亮(もんま・りょう)

出身:群馬県藤岡市

身長:177㎝

体重:82㎏

出身中学校:藤岡北中学校

出身シニア:前橋シニア

高校:群馬県立藤岡中央高校

小学校2年生から野球を始める。藤岡北中学校時代は前橋シニアに所属し、サードと投手。この時の球速は128km。

高校は公立の藤岡中央高校に進学。1年春からベンチ入りし、夏の甲子園予選では6番サードと入学と同時の頭角を現す。

1年秋からチームの主戦投手としてプレーし、2年秋に群馬県大会では準々決勝で前橋育英に延長14回で6安打11奪三振2-1で勝つなどしてベスト4に進出。

選抜甲子園2018の21世紀枠の最終候補に残るも惜しくも選ばれず、初の甲子園出場は夏の持ち越しとなっている。

門馬亮(藤岡中央)の進路は?

このようにU18の一次候補にも選ばれている藤岡中央の門馬亮投手の進路が気になりますが、現段階では、群馬ナンバーワンの投手になって仲間と甲子園に出場するという目標に現在は手中のようで、情報が全くありませんでした。

今後、甲子園に出場するのかやU18に選出されるかで決まってくるのではないでしょうか?

もしプロ志望届を出した場合、今年の秋にドラフト2018で指名されるかも注目したいですね?

余計な詮索はせず、門馬亮投手の目標達成を応援したいと思います。

まとめ

門馬亮投手の球速は最速142kmで変化球も多彩。藤岡中央のエースであると同時に副キャプテンも務める。奪三振率の高い投手です。

これだけの投手でしかもシニアで野球をやっていれば、私立の強豪校への進路もあったと思いました。

気になって調べてみたところ、藤岡北中学校時代に軟式野球で活躍していた現在のチームメイトで藤岡中央のキャプテンの下田選手に誘われ藤岡中央に進学したといいます。

門馬亮投手が藤岡中央に進路を決めたことで、中学軟式のメンバーが藤岡中央に集まったといいます。なんか漫画にありそうなストーリーですが、実話なんです!

強い高校に行くというのが主流なんですが、自分たちで強くしてやろうという気概の感動ですね!

3年前の中学生の時に門馬、下田選手らで目標とした甲子園出場を応援したいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする