納見元基(のうみもとき)現在までの経歴と職業や結婚について調査!

皆さんは納見元基(のうみもとき)さんを覚えていますか?24時間テレビで大ファンの松井秀喜さんと交流した方です。現在は何をされているのでしょうか?

  

19年前のことですので、忘れてしまったという方もいると思いますので、納見元基(のうみもとき)さんと松井秀喜さんのこれまでの交流を振り返ってみますね!

スポンサーリンク

納見元基さんの経歴

納見元基さんは当時9歳で脳性麻痺により足が不自由な少年でした。松井秀喜さんの大ファンだという 納見元基(のうみもとき)さんは、本塁から一塁まで歩く練習をし、東京ドームにて見事松井秀喜さんと対面し、見事目標を達成されました。

 

松井秀喜さんに勇気をもらった納見元基さんはそれまで怖くてためらっていた手術を受け、懸命のリハビリによって20mを松葉づえなしで歩けるようになっていました。

  

そして4年後の13歳になった納見元基さんは松井秀喜さんの様に杖を使わずにグラウンドを歩きたいと練習するを続けます。

 

そんな納見元基さんに松井秀喜さんから「ニューヨークに来るかい?と声がかかり、なんとヤンキースタジアムでその目標を見事達成しました。

 

感動された方も多くいたと思いますが、その納見元基さんが8月21日の「衝撃のアノ人に会ってみた! 」で現在の様子が取り上げられます。

 

納見元基(のうみもとき)さんは現在どのように過ごされているのでしょうか!

納見元基 現在の職業や結婚について!

納見元基(のうみもとき)さんはヤンキースタジアムでの松井秀喜さんとの交流から19年がたちますので、現在は28歳になられております。

 

松井秀喜さんから東京ドームで「努力すること、チャレンジする子ことを学びました」、ヤンキースタジアムで「勇気づけられました。もっといい選手になるよう頑張ります。」といわれた納見元基(のうみもとき)さんは現在どんなお仕事をされているのでしょうか?

 

気になって調べてみたのですが、ヤンキースタジアム以降の情報が全くないんです。これが・・・

 

24時間テレビでニューヨークにいって以降の情報としては、2007年の16歳の時にに日産カップ追浜チャンピオンシップという車いすの大会男子ユースの部で10位になられています。

 

番組の紹介では「松井秀喜さんとの出会いで、人生が大きく変わっていた」とあります。

 

きっと19年前の松井秀喜さんとの出会いを糧に素晴らしい人生を歩んでいるのだろうと思います。

 

また現在は28歳になられておりますので、ご結婚されて妻や子供がいる可能性もありますよね?こちらも気にあるところではありますが、職業同様情報がありません。

 

何か情報がないかと思い、納見元基さんの名前でTwitterやFacebook、インスタといったSNSのアカウントも調べてみたのですがありませんでしたので、現在どうされているのかわかりませんでした。

 

納見元基さんの現在の職業や結婚されているのかなどについては、番組を見るしかなさそうです。わかりましたら追記したいと思います。

追記:現在は江戸川区に母親の典子さんと暮らし、一般企業で働いておられました。

 

一般の高校卒業後に大学受験をし合格。その後一般企業に就職されております。

納見元基の学歴(高校・大学)は?

ごめんなさい。こちらも情報がないのですが、13歳でニューヨークに行かれたときは筑波大学付属桐ヶ丘特別支援学校中等部に在学されておりました。

 

おそらく番組ではニューヨークに行った後から現在までを取り上げるのではないかと思われます。

 

その後どんな人生を送られてきたのか、こちらも番組終了後追記したいと思います。

 

追記

高校は一般の高校を受験したとのことです。しかし環境の違いに苦労し、友人が出来なく、昼食はトイレで食べたりしていたといいます。それでも3年間通学し卒業したとのことです。

 

卒業後は職に就かずニート状態になるも20歳の時に松井秀喜さんの「自分の力を信じて頑張れ!」のメッセージを見て一念発起し大学受験を志します。。この頃SNSを始めたところ友達が出来るようになり、見事その後成蹊大学に合格。

 

大学では友人も多数できて、卒業後は一般企業に就職し現在働いているとのことでした。

おわりに!

私も当時松井選手のファンでしたので、よく覚えております。普通スポーツ選手に勇気づけられることはあっても、 納見元基 さんの様に逆に勇気づけることはできません。

 

当時、 納見元基ってすごいなと思ってテレビを見ていた記憶があります。現在は何を頑張られているのでしょうか・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする