柴田高校野球部メンバーと平塚誠監督の経歴や練習・指導方法

今回は宮城県立柴田高校野球部のメンバーと平塚誠監督の経歴や指導法などについてお伝えしていこうと思います。

柴田高校野球部は昨年秋の大会で県大会3位で東北大会に進み、各県の私学強豪校を倒し決勝まで進みました。

県の21世紀枠校に選出もされており、2021年の選抜甲子園出場の可能性が高いチームです。ではチームなのか見ていきましょう!

スポンサーリンク

柴田高校野球部メンバー

1 谷木 亮太 2年  逢隈中

2 舟山 昴我 2年  舟迫中

3 菅野 結生 1年  金津中

4 沼田 大輔 2年  岩沼中

5 横山 隼翔 2年  門脇中

6 遠藤瑠祐玖 2年  渡波中

7 大和田洸翔 2年  山元山下中

8 村上太生輔 2年  仙台中田

9 我妻 秀飛 2年  山元山下中

10 岩崎翔真 2年  宮床中

11 日下裕翔 1年  大河原中

12 南條孝佑 2年  山元山下

13 小橋生英 2年  七北田

14 佐藤琳空 2年  台原中

15 佐藤永遠 2年  仙台中田

16 千葉 陸 1年  石越中

17 松田世南 1年  増田中

18 亀山天馬 1年  柳生中

19 上部祐斗 2年  岩沼中

20 柴山浩斗 2年  山元山下

※2020年秋季大会のメンバーです。

学年の後に出身中学名を記入しましたが、全員が宮城県内出身の選手です。

柴田高校の昨秋のスタメンはほぼ2年生という形になっています。ベンチメンバーには1年生も数名入っております。

では次に2020年秋季大会の成績を見ていきましょう!

柴田高校の秋季大会の成績

  【宮城県大会】

結果:3位

1回戦・・・対 白石 7-0(7コ)で勝利

2回戦・・・対 東北学院榴ケ岡 7-2で勝利

3回戦・・・対 聖和学園 7-2で勝利

準々決勝・・対 仙台第一 6-1で勝利

準決勝・・・対 仙台育英 2-12(6コ)で敗退

3位決定戦・対 古川学園 8-4で勝利

【東北大会】

結果:準優勝

1回戦・・・対 学法石川戦  7-2で勝利

2回戦・・・対 八戸学院光星 6-2で勝利

準々決勝・・対 東日大昌平  15-10で勝利

準決勝・・・対 日大山形   6-0で勝利

決勝・・・・対 仙台育英   18-1で敗退

決勝では県大会同様仙台育英に大敗してしまいましたが、1週間で500球という投手の投球制限がある大会だったため決勝でエースの谷木投手がほとんど投げられなかったというのもあるかと思います。

特筆するべきは東北大会で八戸学院光星、東日大昌平、日大山形と各県の優勝校に勝利しているという点です。

決勝戦で仙台育英に大敗した為に選抜出場は花巻東になる可能性もあるのではないかといった見方もあるようですが、柴田高校野球部の強さは確かなものといえると思います。

選抜に選ばれる可能性は例年東北地区からは優勝校と準優勝校が選ばれていることと宮城県の21世紀枠推薦校に選ばれたことを考えるとかなり高いと思います。

個人的には決勝で大差で敗退したからと言ってベスト4の私学が選出されてしまうと公立校が頑張って決勝まで行っても結局私学何かと思ってしまわないでもありません。

強豪私学を否定すると森は毛頭ありませんので、選考委員の判断を見守りたいと思います。

柴田高校 平塚誠監督の経歴や指導方法

名前 平塚誠

年齢 48歳

出身高校 ???

出身大学 仙台大学

柴田高校野球部の監督としては11年目となる平塚誠監督。出身大学は仙台大学という事は判明しておりますが、出身高校やこれまでの球歴は情報がありませんでした。

仙台大学からDeNAベイスターズにドラフト2位で入団した元プロ野球選手の熊原健人投手は柴田高校で平塚誠監督の指導を受けた一人なんです。

中学では主に遊撃手でしたが柴田高校で投手に専念し、仙台大を経てプロ野球選手になりました。

その熊原健人投手が高校の時、進路で悩み実家の神主を継ごうか迷っていた時に仙台大学でやきゅをやる橋渡しをしたのが平塚監督だったとのことです。平塚監督がいなければもしかしたら熊原健人投手はプロに行っていなかったのかもしれません。

平塚誠監督の指導法でなるほどと思った練習方法がありました!

それは投手が投球練習をするときにホームベース上(投手側)から見て右打者側から1から6までボールを置くとします。左右ボール1個分を0と7とします。

⑥⑤④③②①

①~⑥までがストライクゾーンで⓪と⑦がボールです。投球練習時に普段は4から6まで流れる変化球が7とか8に流れてしまう日は3から曲げてみる等する。

曲がりが大きくなる場合は体の開きがはやくなっている場合があるなど修正できるといいます。普段からホームベース上に番号を意識することによって試合前のブルペンでの調整もしやすいといいます。

この練習方法はベースボールクリニックという昔からある雑誌の2017年の7月号で取り上げられております

熊原健人投手などプロに進んだOBがいますので、投手の指導などが良い監督さんのようです。

また平塚誠監督が柴田高校の監督をしてからの戦績がすごいです。今回の東北大会で勝っただけではなく、過去5年は宮城県内での大会ではほとんどベスト4、ベスト8にはほとんど入ってきております。

仙台育英、東北高校に次ぐ実力校という見方もされてきています。打倒私学の一番手といえます。

また野球以外では地域の少年野球チームとの交流や清掃活動、台風被害があった時にはボランティア活動をするなどもされております。

柴田高校とはどんな高校?

宮城県立柴田高校は確かに公立高校なのですが、普通科と体育科コースがあります。また体育科には寮もあり月額6万円ほどで1人部屋で部活に集中できる環境が整っています。

1人部屋なら某名門校のような付き人制度もなく安心ですよね・・・

体育課は野球部の他にウェイトリフティング、スキー、ゴルフ、陸上、バスケ、バレーボール、剣道など多くの運動部があります。

将来体育大学等への進学をねらっている人であれば部活動でしっかりと頑張って実績を積むことができると思います。

公立校ですが普通科の高校よりは部活動に打ち込みやすい環境が整っているといえます。

おわりに

宮城県は仙台育英という絶対的な存在がいます。かつては私学3強(育英、東北、東稜高校)という時代がありましたが、最近は柴田高校の少し前には利府高校など公立校の台頭も目立ってきました。

2020年の秋季大会では甲子園常連校を次々と倒した柴田高校野球部。選抜の出場はなるのでしょうか?注目したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました