柴矢裕美の経歴や現在は?旦那(夫)の柴矢俊彦さんは「おさかな天国」を作曲!

今回は柴矢裕美さんの現在出身大学といった経歴夫(旦那)柴矢俊彦さんについて調査していきたいと思います。

えっ!柴矢裕美さんって誰ですって?

さかな、さかな、さかな~ さかな~を食べると~♪ 皆さん一度は聞いたことがありますよね!

そうです、もうおわかりですね?あの「おさかな天国」を歌っていた方です。

スポンサーリンク

柴矢裕美の経歴(プロフィール)

名  前:柴矢裕美(しばや・ひろみ)

生年月日:1961年10月15日

出  身:神奈川県

学  歴:昭和音楽短期大学声楽科卒業

1984年からボイストレーナーとして活動し、生徒には花*花や須藤理沙などがいる。

翌年の1985年にジューシー・フルーツのギタリスト柴矢俊彦(しばやとしひこ)と結婚。

柴矢俊彦さんは現在は作曲家として活動しており、2002年にヒットした「おさかな天国」の作曲を担当している。

「おさかな天国」の歌唱は妻の柴矢裕美が担当した。2002年の紅白歌合戦のハーフタイムショーで柴矢裕美が「おさかな天国」を歌っている。

柴矢裕美は現在何をしているの?

「おさかな天国」以来柴矢裕美さんは何をされているのでしょうか?もともと本職はボイストレーナーですので現在もヴォイストレーナーをされていると思います。(確認できる情報がありませんでした)

また、昭和音楽大学の講師に柴矢裕美さんの名前が「柴矢 裕美/ヴォーカル(J&P)」とありましたので、こちらの講師もされているようです。

やはりヴォイストレーナーの講師をつとめる柴矢裕美さんが歌ったから「おさかな天国」はあれだけヒットしたのかもしれませんね!

お魚屋さんは大繁盛だったのでは?

現在は葉山に住んでおさかな生活をしているらしいです・・・

夫(旦那)の柴矢俊彦さんとは?

柴矢裕美さんの夫(旦那)さんは、80年代に活躍したバンドのジューシィ・フルーツのギター・コーラスをされていた柴矢俊彦さんということはお伝えしました。

その戸作曲家として活躍されている柴矢俊彦さんですが、「おさかな天国」は一例で、多くの楽曲を提供されています。

全て書いてしまうとかなりの数になってしまいますので、有名なものをピックアップしてみました。

南野陽子

「花束を壊して」、「吐息でネット」、「涙はどこへ行ったの」・・・

小林旭

「喜望峰の見える駅」

渡辺満里奈

「こんなふうに歌えたら」

松田聖子

「手のひらのSnowflake」

などなど多数に渡ります。大物アーティストに楽曲を提供されていますので、作曲家としてかなり力がある方だと思われます。

個人的には南野陽子さんの「吐息でネット」が懐かしいです・・・

また柴矢俊彦さんは現在ライブもされているようです。

まとめ

「おさかな天国」で有名な柴矢裕美さんの本業はヴォイストレーナーで現在は昭和音楽大学の講師をされています。

柴矢裕美さんの旦那(夫)は80年代に活躍したバンド「ジューシィ・フルーツ」のメンバーで現在は作曲家として多くの楽曲を提供した経歴のある方でした。

皆さんお魚食べてますか〜!

以上で柴矢裕美さんの現在や経歴、そして旦那(夫)の柴矢俊彦さんについての調査を終了します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする