杉山明美(バレーボール)のwiki風プロフィール(経歴)!結婚はしているの?

今週8月18日の「爆報THEフライデー」に元女子バレーボールソウル五輪日本代表の杉山明美さんが出演されます。

当時、美人バレーボール選手として活躍した杉山さんですが、引退後はどうしていたのでしょうか?

番組では杉山明美さんは引退後誰もがなる可能性のある病気になっていた!?と紹介されるようです。果たして引退後杉山さんはどうしていたのでしょうか?

ということで今回は杉山明美さんにスポットをあてて、これまでの経歴や結婚はして言うのかなど現在の様子を調査してみました。

スポンサーリンク

杉山明美(バレーボール)経歴

名  前:杉山明美

出  身:神奈川県平塚市

生年月日:1965年3月1日

学  歴:神奈川県立五領ヶ台高等学校 - 東海大学

1987年に日本電気に入社し、1年目からレギュラーとなり翌年にソウル五輪日本代表に選出された。

ソウル五輪では準決勝で敗退し、日本女子バレーボールで初めてメダルに届かなかった大会となりました。

理由は日本が弱かったというよりも、このころからブラジル、イタリアといった中米や欧州勢が台頭してきたことが大きな理由だと思われます。

当時の日本代表メンバーを調べてみました。

1 丸山由美 (キャプテン)

2 杉山加代子

3 滝澤玲子

4 山下美弥子

5 杉山明美

6 佐藤伊知子

7 廣紀江

8 中田久美

9 川瀬ゆかり

10 大林素子

11 高橋有紀子

12 藤田幸子

大林素子さんとか現女子代表チームの監督に就任した中田久美さんなどは有名ですね!

話がそれてしまいましたが、杉山明美さんは引退後どのような生活をしていたのかというと、1997年に現役を引退し、翌年まで後進の指導に当たっています。その後は2001年い退社するまで社業に専念しています。

そして現在はというと、日本放送協会のプレミアリーグの解説者や分子整合栄養医学管理士として栄養療法ヘルスコーディネーターとして活動している。

ヘルスコーディネーターになったきっかけは杉山さん自身が現役時代から貧血に悩まされていたからだといいます。

分子整合栄養医学とは1960年代にアメリカのライナス・ポーリング博士とカナダのエイブラハム・ホッファー博士が提唱、実践してきた栄養療法の事です。

具体的には、血液検査で体の状態を分子レベルでとらえ、必要な栄養素を補給することで細胞を整え不調を改善していくという療法です。

ちょっと難しいですね・・・

また杉山さんは2006年から法政大学の非常勤講師を務めているといいます。

結婚はしているの?

この様な経歴の持ち主の杉山明美さんですが、ご結婚はされているのでしょうか?ちょっと気になって調べてみました。

ところが杉山さんの結婚についてに情報は全くありませんでした。もしかしたら番組の中で触れるかもしれません。

まとめ

ソウル五輪女子バレーボール日本代表の杉山明美さんは現在プレミアリーグの解説者やヘルスコーディネーターとして活動していました。

バレーボールに限らずスポーツ選手のセカンドキャリアって度々話題になりますよね!?またオリンピック選手ともなればなおさらです。

インタ後何をしているのかと思いましたが、一流選手の方は引退後も目標を見つけて第一線で活躍しているんですね!?番組でどういったお話をしてくれるのか楽しみですね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする