山口航輝(明桜)の出身中学や経歴&怪我の状態は?【ドラフト2018候補】

今回は明桜高校野球部の2018ドラフト候補に挙げられている山口航輝(やまぐちこうき)投手の出身中学経歴肩の怪我の状態についてお伝えしていきます。

明桜高校の甲子園出場の原動力となりました。甲子園での活躍を期待された山口航輝投手は秋田県予選で肩を怪我してしまい、残念ながらマウンドに立つことはできませんでした。

ということで明桜高校の山口航輝投手はどんな選手なのか見ていきましょう!

スポンサーリンク

山口航輝の出身中学&経歴

最速146kmの速球にキレのあるスライダーなど6種類の変化球がある。店舗んぴょいピッチングが特徴です。

名前:山口航輝(やまぐちこうき)

出身:大阪府箕面市

身長:181㎝

体重:85㎏

出身中学:大阪市立加美中学校

出身ボーイズ:ナガセボーイズ

高校:明桜高校

右投げ右打ちの投手兼外野手

山口航輝選手は小学校1年生の時に軟式の平野エンゼルスで野球を始める。加美中学校時代は硬式のナガセボーイズに所属。

高校は秋田県の明桜高校(旧秋田経法大付属)に進学し、1年夏からベンチ入り、2年春よりチームの4番に抜擢。

夏の甲子園予選秋田大会では背番号11も実質エースとして活躍。準々決勝の大曲工業戦では広島育成ドラフトで指名された藤井黎来投手からホームランを放ち、投げては9回4安打・10奪三振・無四球で完封と投げ勝った。

続く決勝の金足農業戦でも先発して好投を続けていたが、5回に1塁ランナーの山口航輝選手は牽制で帰塁した時に、右肩を亜脱臼してしまいます。

チームは見事勝利し甲子園出場を決めますが、甲子園ではライトでの出場となりマウンドで投げることが出来なかった。甲子園では初戦敗退。

その後新チームになって以降、山口航輝投手は投手として試合には出場していませんが、打撃でチームに貢献。

3年の春季大会では背番号1を付けたもののマウンドには上がっていない。

山口航輝の肩の怪我の状態は?

昨年の夏の秋田県予選の決勝以来、試合では投げていない山口航輝投手の肩の怪我の状態が気になるところですね?

私も気になって調べてみたのですが、山口航輝投手の肩の状態についての詳しい情報はありませんでした。

しかし、春季大会に背番号1をつけています。背番号1といえばチームのエースがつける番号ですよね?

ここからは想像ですが、輿石監督のチームとしての戦略、考えがあると思います。もし肩の怪我が完治していて、今から投げると相手チームから研究されてしまいます。

もしかしたら夏の大会に照準を合わせているとみることもできるのではないでしょうか?

山口航輝投手が完全復活すれば、2連覇に大きく近づきますし、対戦校にとってもかなりの脅威となります。

個人的には山口航輝投手のピッチングを見てみたいと思いますが、将来有望な選手ですので無理はしてほしくないと思いました。

山口航輝投手は最速146kmのピッチングが注目されますが、実は打者としても評価が高い選手です。高校通算20本塁打の強打者でスカウトから注目されています。

打球が他の選手とは違います!単なる外野フライもバキューンと高く上がっていきます。本当に身体能力の高い選手だと思います。

これまで投げてこなかったので、プロのスカウトはバッティングでの評価が中心となっています。

現に楽天の長島スカウト部長は「馬力もあるし、右に押し込めるのは魅力。中田翔タイプ!」と山口航輝選手のバッティングを評価しています。

2018夏は山口航輝投手のバッティングにも注目ですよ!

まとめ

明桜高校の2018ドラフト候補の山口航輝投手は打者としてもプロのスカウトに評価されています。

気になる肩の怪我の状態は現段階でははっきりしたことはわかりませんが、春季大会でエースナンバー1を付けている。夏に照準を合わせている可能性も考えられる。

今年の秋田県大会2018はセンバツ2018に出場した由利工業の佐藤亜連投手、金足農業の吉田輝星投手などプロ注目の好投手が多くいます。

山口航輝投手が再び甲子園の土を踏むのでしょうか?混戦模様の秋田大会2018も山口航輝と共に注目です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする